FC2ブログ
ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
今日は娘が22時を過ぎても帰ってこない。女房にそう言うと、今日は数理まつりとかで大学の研究室の間で交流会みたいなものがあるそうで、夕食は要らないと言われていると教えてくれました。

そう思えば、数理まつりでフルーツポンチ作るとか言ってたかな?
終電に間に合うように帰ってきて頂戴。
スポンサーサイト
今日は、内定した会社で面談があるとかで、娘は朝早く出掛けて行きました。なんでもよみうりランドに行くんだとか……えっ、遊園地で面談?
まさか、そんな事はなくて、最寄駅がそこらしいです。

帰ってきてから娘に訊いてみると、なんでも配属の希望を聞かれたそうな。それから入社後最初の1か月はよみうりランドにある会社で研修なんだとか。それで、通い難い人は入寮できるらしく、入寮の希望も訊かれたそうですが、娘は自宅から通えると断言したそうです。でも、通勤に1時間半くらい掛かるんじゃないかなぁ~

とは言え、最初の1か月ですからね。
あれ?この袋ちょっと破れてない?
そんな一言から、この騒動は始まった。

娘がアルバイトをしている和菓子屋さんで、ワゴンに入れてあった煎餅の袋が破れている事に、気が付いた。ワゴンは昨日、店舗の外に置いてあったもので、心無い人が何か異物を混入するために破いたのかもしれないとか、嫌がらせかも知れないとか、店員さん達に不安が広がった。

とりあえず、展示してあった他の商品にも、同様に袋が破れている物がないか点検する事になる。
そんなに広いお店ではないが、展示してある標品をすべて確認するのは大変な作業。お客さんが、破れた袋の商品を買ったりしない様に、レジでも注意が必要だ。

手分けしてなんとかすべて商品を確認したところ、店内に展示してある商品に袋が破れている物は無く、破れているのは店外に展示してあった商品だけだと判明する。店員の目が届きにくい店外の商品を狙っての嫌がらせだろうか?
しかし、常に誰かが通り掛かる様な場所で、何個かの商品の袋を破くのは、見つかる可能性が高いと思うが、随分の大胆ではある。

袋が破れた商品は、当然の事ながら売り物にはならい。
とりあえず異物が混入していないか、袋の中に残っている商品を確認してみる。
容量が多少減っているようだが、異物の混入は無い事が分かった。

ほんのちょっとした悪戯なのかもしれないが、この事件のせいで、随分と時間を取ってしまった。全く迷惑な話だ。

しかしこの後、犯人捜しは、ある証拠が見つかる事によって、急展開する事になる。

なんと、商品の中ではなく、ワゴンの中から小さな異物が見つかったのだ……
犯人はこれを混入させたのだが、袋を大きく破き過ぎたために、袋の外に出てしまったのだろうか?

だが、ベテランにパートさんは、その異物が何であるか、直ぐに気が付いた。
それは、ネズミの糞だったのだ。

この事実に再びお店はパニックになる。もしかしたら、ネズミが店内に侵入した可能性がある。
お店を締めた後、他の商品をかじられたのではたまらない。

夕方、本社から部長が来て、ネズミ捕獲用の粘着シートを持ってきた。
これからしばらくの間は、閉店時にこの粘着シートを通路に敷き詰めて帰らねばならず、朝お店を空ける人は、粘着シートを畳まなければならなくなったのだ。

ネズミによる被害が出てから、既に数日が経つが、未だにネズミは捕まっていない。
今日、閉店までバイトが入っていた娘の帰りは、いつもより遅くなった。

娘からLINEで連絡があったら、サンマを焼き始めようとしていた女房も、私同様に早く帰ってこないかと、少し気を揉んでいる。

バイト終了時刻を1時間近く過ぎてから、漸く娘から帰ると連絡があった。
娘が家に着いてから聞いてみると、やはりネズミ捕りを仕掛けていて遅くなったそうだ。

閉店後もそんな仕事をしなくてはならないのは分かるけど、ちゃんとバイト代は出るのだろうか?ここは確かめておいた方がいいんじゃなかろうか?

しかし、そんな心配を他所に、娘はこう言ったのだ。

とってもアナログなんだよ。
ネズミ捕りの為に残業になった場合は、タイムカードに「まるね」と書くんだよ。

「丸ネ」?そうか、ネの字を〇で囲んで、その残業がネズミ捕りによるものだと分かるようにしているのか……

残業が増えて、バイト代が沢山貰えるかもしれないけど、早く解決してくれないと大変だな。
店内にネズミは侵入していないと言う結論が出るまで、一体何日くらいかかるのだろう?
私は、東京五輪開会式前日生まれ。
そう、今日は誕生日です。
でも、平日ですから、誕生日の直前の3連休に、家族に祝ってもらいました。
まずは、女房と娘から小銭入れを頂きました。
30年くらい前に買った小銭入れを、未だに使っているんだよね。
とは言っても、5円玉を入れて保管しているだけって感じですが……持ち歩いていない小銭入れって何の意味が……って感じです。
そして、ケーキも買ってきてくれました。家族3人ですので、ひとり2個ずつ食べたんですけどね。一応私の誕生日祝いだそうです。
女房と娘が私の誕生日にかこつけて、ケーキを食べたいだけのような気も若干しますが、甘すぎないケーキは私も好きですから、素直に喜んでます。
それから、妹が嫁ぎ先の田んぼで収穫したお米を贈ってくれました。何と、驚きの20kg。宅配のお兄さん、さぞかし重かった事でしょう。
これで終わりかと言うと、まだありまして、今度は自分からの誕生日プレゼント。
ビジネスシューズとウォーキングシューズ。ソールを調整して頂いたので、ちょっと高価な買い物になってしまいましたが、長時間履いていると、足の疲れ方が違います。
最後に、ハロウィンジャンボとジャンボミニも買いましたよ。
思いがけず、色々頂いたりしているので、物質運が上昇しているんじゃないかと思います。
当たるといいなぁ~
今年は本当に災害が多い年ですよね。
もう10月になろうとしているのに、大きな台風が来ると言うのですから……

昨日の夜から東京でも台風の影響で、ものすごい強風が吹き荒れると言うので、ベランダに置いてある物を極力片付け、室内に取り込める鉢植えは取り込んで夜を迎える事にしてました。

日曜日にバイトを入れている娘は、17時まで仕事だと言っていたので、大荒れの天気になる前に帰ってこれそうで良かったと思っていたんですけどね。

JR東日本が、20時で運転を取り止めると発表した事により、娘のバイト先もいつもより早めに店を閉める事になり、夜バイトの人がキャンセルになり、娘の勤務が18時までに延長になってしまいました。

それでも、お客さんが少なかったのでしょう。18時半過ぎに家に帰ってこれました。
そして、今日はなんと娘は内定式。
午後からだとは言うものの、朝からまともに電車が動いてません。

最寄りの王子駅も、入場規制になっていて、私も職場に30分も遅れてしまいました。
娘はちゃんと内定式に間に合うのか心配していました。
何しろ方向音痴な娘ですから、不規則な運航になったりすると、乗り換えを間違えたりしちゃいそうですからねぇ。

そんな心配をしてましたが、娘の乗った電車は行き先変更になって、運良く直通で目的地まで行けたそうです。うちの娘って、結構強運だなぁ。激混みの電車に乗って30分も遅刻した私とは大違いだな……
午前5時半。平日にいつも起きる時間に目が覚めた。
だが、今日は平日ではないし、目覚めた場所は自宅でもない。
そう、家族旅行していて、此処はたがわ龍泉閣。
カーテンを開けて外を見る……降り頻る雨。
昨日は露天風呂に入ったので、今度は館内にある風呂に行く。他の泊り客は、露天にでれなくても大浴場が良いのか、館内の風呂には誰もいなかった。浴室に進むと数人が入れるくらいの楕円形の湯船と、一人しか入れない円柱形の湯船が2つあった。
貸し切りなので、どの風呂にも2分くらいずつ入ってみる。みな同じ泉質しなのだろう、特に違いをかんじなかった。
風呂からでたら身支度をして朝食を食べに行く。
なにやら小さな鍋と網が置いてある。まさか朝から火を使った料理が出るとは思っておらず、家族皆驚いた。網は鰈の干物を焼くための網で、鍋は茶わん蒸しを作るための物だと、給仕係が説明してくれた。この男、昨夜飲み物と訊かれてお茶を頼のむ娘に、未成年か尋ね、自分は未成年なのだと言っていたが、なかなか丁寧で好感を持てる接客をしており、この旅館の跡取りなのではなかろうか?そうは思ったがあえて尋ねはしなかった。出発する時間を尋ね、送迎バスを手配してくれた。
時間になり小松駅に向かう。雨は弱くはなったが、まだ降り続いていて、今日の旅行は傘が手放せない、果たして景色は如何程の物かと心配になる。
小松駅から金沢までサンダーバード5号に乗って移動。大阪方面から金沢に向かう人は予想以上に多く自由席は満席で、金沢までデッキに立って行くしかないが15分ほどの事なので、苦にはならなかった。
金沢駅からはシャトルバスで白川郷へと向かうのだが、少し時間があるので、駅舎の写真を撮ったり、土産物を見たりして過ごす。バスの時間が近くなったので、スーツケースをコインロッカーに預けてバス乗り場に向かうと、丁度バスが到着したところらしく、乗客が乗り始めていた。バスに乗る列に並んでいる外国人がやたらと目につく。英語ではないようなのでヨーロッパから来た人々のようだった。
金沢は小雨程度だったのに、白川郷が近くなるにつれてどんどん雨は強くなる。
白川郷に到着しましたと言われたが、とても傘なしで歩ける状態ではなかった。
まずは、かん町まで歩く予定にしていたので、雨の中、傘をさして歩く、思うように写真を撮る事ができない娘の機嫌は、あきらかに斜めだった。娘がコロッケを売っていると言うので、そこで甘酒と飛騨牛コロッケなるものを買って食べる。
それでもかん町に着くと、雨は多少降っているものの、そらは比較的明るく、景色は綺麗だった。
田んぼのあぜ道から写真を撮り、土産物屋に入って土産を買う。白川郷には案外土産物屋が多いし、駅の売店より手頃で良い物が手に入る。
その後、であい橋に向かうために来た道を戻る。途中で女房と娘がトイレに行くと言うので、雨が降っている事もあり、私は向かいの土産物屋に入り、待ち合わせる事にした。
暫くして女房と娘が店にくる。少し店内の土産物を見ていたが、奥で軽食を取れると聞き、レジの横にある暖簾をくぐると食堂らしき部屋があった。老夫婦二人だけでお土産屋と軽食屋の両方をやっているらしく、暫く待たされる。パンフレットには何も書いてなかったが、品書きにあった白川郷豆腐なるものを頼んでみる。
女将が硬いですよと言っていたが、確かに豆腐とは思えない硬さだった。
少し腹拵えをしたところで、有名なであい橋を渡り元気な野菜館でオクラを買う。再びであい橋を渡り、途中の土産屋で売っている五平餅を一つかってみんなで分ける。香ばしい香りの味噌が付いてる。おそらく棒葉味噌ではないだろうか?
それから展望台行のバスに乗って展望台へ向かう。
雨なので眺望は期待できまいとなかば諦めていたが、良い意味で裏切られた。
雨でもなお観光客を楽しませる白川郷、流石に世界遺産に認定されるだけの事はあると思った。
そうこうしているうちに帰る時間になり、再びシャトルバスで金沢駅に戻り、北陸新幹線で帰ってきた。
1泊2日の短い旅行ではあったが、十分に楽しめた。娘の楽しかったの一言が、旅の疲れを忘れさせた。
4年前期の講義が終了し、卒業に必要な単位を修得した娘。
これを記念して家族で北陸に旅行する事に。
私が昨年手に入れたJTBの旅行券10万円分に、預金を10万円ほど取り崩して家族で1泊2日する。
小桜インコのピーチちゃんは、初めて一羽でお留守番。

朝、5時半に起きて、女房は洗濯物を干し、私はお風呂の掃除などをして6時半過ぎに金沢に向けて出発。東京の天気は生憎の雨。
大宮駅から北陸新幹線かがやき503号に乗って金沢へ。
天気予報は雨だったが、途中新潟県上越市辺りまできたら東京より天気は良く、雨は降っていない感じ。
金沢に到着すると雨は降ってなかった。金沢市内を北鉄バスに乗って移動する予定なので、1日フリー乗車券を購入。21世紀美術館へと向かう。
近代美術を比較的広い空間に展示していると言えばそうですが、東京都内で色々な美術館を巡っている人には物足りない感じだと思う。わざわざ有料のエリアを見なくても、時間がないなら無料のエリアだけ見た方が良いかなと言う感じ。
その後は向かいにある兼六園へ。こちらは流石日本三大庭園に数えられるだけに、十分に見ごたえがある。いくらでも見ていられる感じですが、そんなに時間もないので2時間ほど滞在。
北鉄バスに乗り、ピールアートひみこを見学。実はあまり期待していなかっただけに、21世紀美術館より、こっちの方が衝撃的だった。
その後、ひがし茶屋街を散策して、箔一さんの金箔ソフトを食べ、大慌てで金沢駅に戻る。
そしてサンダーバード38号に乗り小松へ移動。
小松駅に到着すると宿泊予定のたがわ龍泉閣さんの送迎バスが待っていてくれて、これに乗り込み旅館へ。
ここの旅館は、露天風呂のたんぼの湯が売りで、専用のタオルを巻いて入る混浴風呂。なので露天風呂で女房と娘と合流し、家族でお風呂に入れるところが良い。これで晴れていれば満点の星空を観れた事だろうと思うとちょっと残念ではある。
夕食の懐石料理も美味しかった。
今日は朝から雨が降り、とてもお散歩には行けない感じでした。
13時頃に、ちょっと宝くじ売り場に行ったけど、雨がパラパラしていて、まだ散歩には向かないので帰ってきました。

今年も東京2020大会協賛くじを買いました。購入記録を確認したら、3年連続で買ってました。そんなに機会はないでしょうから、是非何かの競技を観てみたいものです。できれば開会式も観たいけど、手に入らないでしょうね。

出掛けられないので、いつも夕方にやっているアイロン掛けを先にして、16時に漸く散歩に出発。
でも、何時雨が降ってきてもおかしくない感じなので、折り畳みの傘を持って出かけました。
途中、パラパラする事もありましたが、傘をさす事無く、帰ってこれました。

こんな不安定な空模様でしたが、今日はなんとか、9,480歩、7.1km歩きました。
3年生でなんとか必修単位をすべて取れた娘。4年では、卒業に必要な単位を取り、できれば教職の必修単位を取って卒業したいところ。

しかし、教育実習もあり、講義に殆ど出る事が出来なかった娘。
履修した科目のうち1つは諦めて、取れそうな科目を確実に取りに行く事にしたそうだ。

前期が終わった後、かなり不安そうにしていた娘。前期の成績が発表になっても、直ぐに確認しに行けなかったそうだが、なんとか卒業に必要な単位が確保できたそうだ。

後は、後期に教職の必修科目を1つを取る事を目標に、頑張る事になった。

卒業は確実になったので、集中して確実に教職の必修単位を取ってもらいたいものだ。
昨日の夕方、女房と私が家に居る時に、バロちゃんが突然、バードテントから落下しました。
17日くらいから容態が急変して、ほとんど寝てばかり。
餌も食べられない状態なので、これは長くないと心配しているところでした。

ケージの床に落っこちたバロちゃんを拾い上げると、その体は温かいものの意識は無く、全身から力が抜けてました。手乗りではなかったので、人の手を怖がる子でした。
そのバロちゃんを、私の手に包み込んでも、もう抵抗する事はなく、ただ横たわるだけ……
やがて体が硬直してきて、天に召されたことを実感しました。

娘は、大学でオープンキャンパスがあり、研究室紹介の為に豊洲キャンパスに行っていて不在でした。
夜遅く帰ってきた娘は、バロちゃんをその手に包み込み、暫く涙を流していました。
「たった5年しか生きられなかったなんて、早過ぎるよ」と……
今朝、10年前に天に召された桜文鳥のチイチちゃんを埋葬してあるプランターに、一緒に埋葬しました。5年間、家族皆を癒してくれてありがとう。どうか、安らかに……
copyright © 2018  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .