ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
昨年の秋、掛川花鳥園に遊びに行って、とても楽しめた事もあり、今年は掛川市にもふるさと納税をしようと思い立ちました。
そこで、どんなお礼品があるかふるさと納税サイトで調べて、メロンがあると知り、1万円ふるさと納税しました。
先日そのお礼品が届き、食べごろになったので、夕食の後、頂く事にしました。

我が家では、メロンを買って食べる事ってそんなにはなく、スーパーで買うにしても1個千円未満の物。お礼品で届いたメロンは2玉で、我が家で普段食べるメロンと比べると、凄く大きい。体積で比較したら3倍以上の違いがあると思います。
甘くて瑞々しいメロン、口にいれるとまるで溶けるかのように柔らか。
とても美味しく頂きました。ご馳走様でした。
スポンサーサイト
原発老朽化問題研究会が編集した「まるで原発などないかのように 地震列島、原発の真実」を読みました。

3月11日の今日は、この本を読んだ感想を記しておこうと思います。

2008年9月に発行されたこの本には、日本の原子力発電所の設計がどのような観点で設計されているか。そして、それがいかに地震による影響を過少評価しているか。それを、建築の専門家でなくても、理解できるように専門用語の説明を加えて解説しています。

また、原子力発電所の運用にあたり重要な構造物がある事。そして、その重要な構造物の複数が同時に故障した場合の事を特に考慮されてはいない。よって、地震など同時に多くの個所に大きな力が作用する場合には、複数の個所が同時に故障する事も想定され、本当に安全に停止できるのか、とても懐疑的であること指摘している。

そもそも原子力発電所を、こんなに頻繁に大きな地震が発生する日本に、こうも密集して建設するのは危険過ぎると言わざるを得ない。

2007年7月16日、中越沖地震が発生して柏崎刈羽原子力発電所が停止した。
設計時に想定していた「およそ現実的ではない揺れ」としていた基準地震動S2である450ガル。
発電所を襲った地震による揺れは、基準地震動S2のなんと3.8倍もの揺れであったことが、2008年5月22日に判明した。

原子力発電所の設計基準では、基準地震動S2の揺れが襲った場合は、たとえ重要な設備が歪んでも、壊れて放射線が外に漏れなければ良い事になっている。その「およそ現実的ではない揺れ」だったはずの基準地震動S2をはるかに凌駕する揺れが、日本では中程度の地震とされているマグニチュード6.8の地震でこうもあっさりと発生してしまうとは……

原発の建設に着手した頃の科学力では、地震の揺れを正しく想定することなど無理だったとしか言いようがない。
これは柏崎刈羽原子力発電所に限った設計基準のはなしではなく、他の原子力発電所においても、それぞれその立地に合わせた基準地震動S2の強さが定められ、その基準に基づいて建設されている。

そして2011年3月11日、不幸にして東日本大震災が起こり、今度は福島第一、第二原子力発電所が設計時の想定を、はるかに超える揺れに襲われる事になる。

中越沖地震により、耐震設計に問題がある事が明らかになったはずなのに、多くの地震学者と建築士が、原子力発電所の脆弱な設計に気が付いたはずなのに、原子力発電所は止まる事はなかった。

では何故政府は、原子力発電所を停止する選択をしなかったのだろう?
政府が電力会社から多くの政治献金を受け取っているからだろうか?
原子力発電の研究者が、電力会社から多額の研究費を拠出してもらっているからだろうか?
そして、原子力発電所が停止すれば、この問題はもう忘れても良い程安全になるのだろうか?

原子力発電所を廃炉にしても、実は取り壊す事すらできないだろう。
なにしろ、日本には放射性廃棄物を永久的に保管する場所などないのだから。
何十万年も放射線を出し続ける放射性物質を何処に閉じ込めておけると言うのだろう。

子供達の未来を明るいものにしたいと思うなら、是非この本に一度目を通してみてください。
まだポケモンGO!をやっている人って、少ないとは思いますが、やっている方は、伝説のポケモンをゲットするために躍起になっているのではないでしょうか?
そんな人達は、きっと横浜に行くんでしょうね。
私はどうしようかな?
今まで、全然伝説のポケモンをゲットできませんでしたが、なんとかサンダーをゲットしました。
これは運が良いのかな?
ならば、横浜に乗り込むべきかもねぇ……
5月末に北海道河東郡音更町に1万円をふるさと納税しました。
6月中旬に、音更町から受領証明書も送られて来たので、直にお礼品も送られてくるだろうと思っていたのですが、一向に届きません。
女房と、受領証明書が届いてから、そろそろ一か月も経つと言うのに、おかしいね。発送に手違いでもあったんじゃなかろうかと心配しておりました。

そしたら、夕食を食べていたらドアホンが鳴り、宅配らしき男性が。
一瞬何か頼んでいたっけなと戸惑いましたが、受け取ってみたらお礼品でした。
バターやチーズが沢山入ってます。美味しそう。暫く朝食はパンにバターを塗って食べる事になるでしょう。
人気のお礼品だから遅くなっただけで、ちゃんと発送してくれていたんですね。
新潟駅から夕方の新幹線に乗り、東京に帰ってきました。
帰りは、親父もお袋も実家近くのバス停まで見送りに来てくれて、ちょっと別れが辛い感じになりました。こちらも心配ではありますが、年老いた両親は、気が弱くなってしまったのでしょうね。

さて、私が家に帰り着くと、直ぐにインターホンが鳴り、宅配便が届きました。
届いたのはサクランボ。
そう、新潟県新発田市にふるさと納税したのですが、そのお礼品の2Lサイズの佐藤錦が届きました。
女房と娘が午前中に買い物に行っている間に不在配達たれてしまい、夜に再配達してもらう事にしたんだとか。

夕食の後、早速食べてみましたが、甘さが全然違いますね。流石は佐藤錦です。
しかし、ふるさと納税はいつ配達されてくるかわからないし、時間帯指定もできなかったりして、女房が面倒だと愚痴をこぼしているので、もう宅配ボックスに入れられない生鮮食品をお礼品として頼むのはやめようかなと思います。でも、そうなるとあまり欲しい物がないかもね。
まだポケモンGO!をやっているの?
一時の大盛況は一体何だったのだろうか、最近はそんな感じの反応が主流になってました。

しかし、2月17日のアップデートから、「ポケットモンスター金・銀」のポケモン達が出現するようになりました。
それで私も、とても懐かしく、新たなポケモン達をゲットして楽しんでます。
もう止めちゃったと言うあなたも、またちょっとやってみては如何でしょう?
でも、交通安全と誤って他人の土地へ立ち入ったりしないように、気を付けてくださいね。
朝、出かけるまでの少しの間、寒い時にハロゲンヒーターを使っていたのですが、これが古くなってきた。
まだ壊れてはいませんが、新しい物に買い替えたいと女房が言い出しました。

それから、洗濯物を室内干しした際に、サーキュレーターで風を送ると早く乾くと言う事で、この季節サーキュレーターを使ってます。こちらはあえて暖かくしなくても大丈夫。

それで、洗濯物を乾かしたい時や、初夏に送風した時や、冬にちょっとだけ暖房したい時にも使えると言うことで、ハロゲンヒーターとサーキュレーターを廃棄して、Dyson Hot & Cool を導入。

風を送る羽は見えないけど、送風できるあれですね。寒い時は暖かい風も遅れます。ただ、消費電力が1200Wだそうなので、本当に寒い時は、エアコンで暖房した方が電気代はかからないかも?
うち女房の職場は、住宅設備関連製品の販売をしておりまして、派遣社員のうちの女房も、社販価格でシーリングライトを購入できると言うメールが届きました。

そこで先月私に相談があり、女房の部屋に取り付けてある蛍光灯はお洒落だけど、もう古いし蛍光灯を4本も取り付けなければならず、消費電力がとても多いので、これを廃棄する事にしてはどうかと言う事で話がまとまりました。

リビングルーム用に新しいLEDシーリングライトを購入して、今リビングルームで使用しているLEDシーリングライトを私の寝室に取り付け、私の寝室に取り付けてあった蛍光灯を女房の寝室に取り付ける事にしました。

その新しいLEDシーリングライトが昨日届いたので、今日の午前中は女房と一緒に照明器具の交換作業に追われました。
蛍光灯は青白い光で冷たい感じがしますから、光の色が調節できるLEDシーリングライトは、暖か味のある光にできていいですよね。
それに留守番タイマーが前の物より改善されて、いつも決まった時間に点灯するのではなくなり、設定時刻、設定時刻の15分前、設定時刻の30分前とランダムになったんだとか。これにより、毎日一定の時間に点灯するのではないので、不自然な感じではなくなると言うのが狙いの様です。
ふるさと納税制度があり、お礼品が頂けるので、実質的には節税になる事は知ってました。しかし、地方自治体のホームページでお礼品を確認して納税するのは面倒と思っておりました。
でも、最近は手軽に各地の自治体のお礼品を比較できるサイトが登場して、ふるさと納税がずっと身近な存在に。
それで私も今年はふるさと納税に挑戦してみる事に。
最初から高額な納税をするのはちょっと勇気がいるので、最初は少額で済ませたい。自分の実家がある新潟県阿賀野市をみてみたけど、最低でも1万円。なるほどそんなものかと思ってお礼品を眺めていましたが、これと思うお礼品がない。
もっとお得感がある自治体はないかな……と思って探して見つけたのが、千葉県芝山町。
サイトで手続きをしてから1週間ほどでお礼品が届きました。
たった5千円の納税で、想像していたより美味しそうな大きなメロンが2つ。
とってもお得な感じです。
食べごろは7月28日以降との事なので、食べられるのは更に1週間くらい待たなければなりません。
待ち遠しいなぁ~
以前、トイレのドアの鍵が掛からなくなった時に、修理してもらったら2万円くらい掛かったと記憶しています。
今度は、廊下とリビングの間にあるドアが閉まらなくなりました。原因は、レバーハンドルが上がらなくなった事にあり、手でレバーハンドルを上げてやれば、ちゃんとドアは閉まるのです。おそらく、これもトイレのドアを修理してもらった時と同様に、ケースロックなるものを交換すれば直ると考えて、自分で交換してみることにしました。
とは言え、部品が手に入らないので、近所のリフォームショップに相談して、取り寄せてもらいました。
そうすれば、送料などを取られたとしても2、300円程で手に入るのです。
昨日の昼にレバーハンドルを取り外し、ケースロックを扉から取り出したまでは良かったのですが、丸座と呼ばれる部品も損傷していることが分かり、接着材で貼り付ける事にしました。
それで、接着後丸一日乾燥させて、本日取り付けてみました。


これで、ドアがちゃんと閉まるようになりました。
丸座が損傷しているって分かった時は、どうしようかと思いましたが、接着するだけでなんとかなり、良かったです。
copyright © 2018  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .