ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
今日も女房と娘は文鳥をゲージから出して一緒に遊んだそうだ。女房が昨日はキャベツを食べてくれなかったので、今日は小松菜を食べさせようとしましたが、食べてはくれなかったそうです。それどころが怒って指をくちばしで突付いたり噛まれたりしたそうです。
なんで葉野菜が嫌いなんでしょうかね?

それでも文鳥は女房が行くところについて行くそうです。こんなふうに文鳥が振舞うと、娘はあまり面白くありません。
おやつの時間になり、文鳥をゲージに入れることになったそうですが、娘がママにこう言いました。
「いつもチエが入れると嫌われちゃうから、ママ入れて。」
そうかも知れないと女房も思ったそうで、自分で捕まえてゲージに戻そうとしたそうですが、捕まえても直ぐに手の隙間から顔を出して、するりと抜け出してしまい、なかなかゲージに戻せなかったそうです。
でもゲージに戻ったら、この文鳥と来たらまぶたを閉じて眠そうにしていたそうです。
そんなに疲れたんなら、さっさとゲージ戻ったら良いのにねぇ。
でも、その時居眠りした反動なのか、まだゲージの中でバタバタやってますよ。
こら!明日も5時半には起こすからね。

でも、明日は都民の日で娘の幼稚園はお休みか・・・娘は朝早く起きて来るかなぁ?
スポンサーサイト
昨日は雨でしたが、今日は汗ばむ程のお天気でしたね。今日は娘と文鳥のゲージを分解して掃除をしました。どの辺で嫌になるかなと思ってましたが、娘は結構文鳥の面倒を見ています。
最初は鳥の糞は触りたくないと言ってましたが、今は糞の掃除も一緒にしてくれます。ずっと飼い主を捜す事を主張していた私ですが、娘も頑張っている事ですし、本当の飼い主の方には申し訳ありませんが、家で飼わせて頂きます。娘が綺麗にしてくれたゲージの中で、文鳥は娘の見ている前で水浴びをしてくれる程なれてきました。娘は文鳥が自分の思ったように行動してくれないと、すごく悔しがって泣いたりしていますが、この小さな鳥が娘を成長させてくれるように思います。支配するのではなく、弱い立場の人に優しさを持って接する事が出来る子にしてくれるのではないかと・・・
今日は朝から雨で肌寒い日でしたね。花が終わった後も掘り起こさずにいたムスカリ、アネモネ、オキザリスの葉っぱがかなり茂ってきましたから、今年は気温が下がるのが早いのかも知れませんね。それに、シクラメンの根からも小さな葉が出てきました。今年は年内に花を見る事が出来るかな?

お昼も近くなってきましたが、まだ雨は降り続いているので、仕方なく傘をさしてスーパーに出掛けました。その後、スーパーに隣接している神社で紅白饅頭を千個配ると言うので雨の中並びました。しかし、雨だと言うのに並ぶ人の多い事多い事、不況だから神にもすがりたい人が多いって事なのか、それともただならもらわないては無いって事なんでしょうかね。
今日、Panasonic hi-hoのHPを見てびっくり、7周年記念とかで私が加入している「まとめてADSL-eコース 8Mサービス」も10月16日から月額基本料金が470円値下げになって2810円になるんだそうです!!
それに年末までにメールのウイルスチェックが送信時にも行われるようになるそうで、そうなれば万が一ウイルスに感染してしまいウイルスが勝手にメールをばらまこうとしても、チェックしてくれる訳ですから、知り合いに迷惑を掛ける事もなくなるはずです。
値下げは大歓迎です、何処の企業も厳しい中頑張っていると感激してます。

ところで、最近は朝晩涼しくなりましたよね。私の娘も布団を掛けて寝るようになりましたよ。
あっ、なんて書いてみたら、今掛け布団から飛び出て、その上で大の字になって寝ているそうです。これじゃ毛布だけの方がましかも・・・
幼児の足と言うのは、結構ずんぐりしている事が多いと思うが、私の娘は痩せているせいか甲が低く平べったい足をしている。
だから足の長さを合わせると、なんだかぶかぶかな感じになってしまう靴が多い。
昨日デパートで靴を選ぶ時も、娘は色やデザインを重視して、「青くてかわいい靴が良い」なんて言いならが選んでいました。
店員さんが、「お子様の足にはこういうタイプの靴が合うのですが・・・」等と言って出してくれた靴は色もデザインも気に入らなかったようだ。何足か履いてみて、それなりに足にフィットして、デザイン的にも妥協できる物を選んだ。
前回、デザインだけで選んだ靴は結局履きにくいらしく、たいして履かないうちに小さくなってしまったのです。
買う時は妥協した娘ですが、はたして履いてくれるかと、心配してはいたのですが、今日幼稚園に履いて行ったようです。
そんな娘の足ももう20cmの靴を履くようになったんです。大きくなるのは速いものです。
先日の運動会を戦い抜いた娘ですが、今日は半年に一度の定期健診の日です。
私も休みを取り(実は4月29日の代休なのですが)一緒に病院に行きました。
9月は休日が多いせいか、病院は込んでいて10時半診察の予約だったのですが、心電図を10時20分ごろにとり終わったのに全然名前を呼ばれません。
娘が名前を呼ばれたのは、11時半になってからでした。
夏休みにヘルパンギーナになって40度近い熱を出した事等を話しました。今回も特に異常は認められいそうで、小学校に入学しても、一切運動制限無しとの事でした。
次回は春休み小学校入学前に来てくださいとの事でした。

検診を終えてお昼を食べに都庁に行きました。東京都庁の社員(職員?)食堂は、何故か一般の人も利用できるんです。新宿で3人で食事をして1500円程度ですから格安です。

その後は、デパートでカブト虫の幼虫用にクヌギマットを買ました。夏休みの間はスーパーやディスカウントショップに沢山おいてあったのに、もう無くなってしまってるんです。それから娘の帽子や靴を買ってからおもちゃ売り場で少し遊んで、地下で食料品を見てなんてやってるうちにもう5時になっていました。

家に帰り着くと、文鳥が「チッチッ」と鳴いていました。娘は直ぐに飛んで行ってゲージから文鳥を出して遊び始めます。
おいおい、もう6時過ぎているんだから、お風呂に入る準備をしなくちゃ、ゲージから出したらベランダから洗濯物も取り込めないじゃないか。
運動会の代休だった今日、女房と娘は幼稚園の友達と一緒に公園に遊びに行ったそうです。
運動会の日が今日くらい良い天気だったなら、すべての競技が出来たのにねぇ。

ところで今日、女房が娘に文鳥をどうするのか、考えさせたそうだ。もし、迷子の文鳥を探している人がいたら、家で今飼っている文鳥を見せてあげるか、そして返してあげる事が出来るのか。
娘は人の物は返してあげなければならないと言う事は分かっている。だから、文鳥の飼い主が見つかったら返してあげなければならない。
でも、今飼っているチイチはチエが面倒をちゃんと見ているから返したくないと言ったそうだ。カブト虫やクワガタ虫は飼育箱から出して遊べないけど、文鳥はかごから出して遊べるからだそうだ。
確かにチイチは人に良く慣れていて、娘の手に乗って餌を食べてくれたりするから、本当にかわいいのだろう。それだけに元の飼い主だってかわいかったはずです。
マンションの掲示板に張り紙をして、我が家で文鳥を預かっていますと言うかどうか、もう少し考えさせて下さいね。
昨日は運動会だったのですが、我が家の娘さすがに幼稚園児だけあって、筋肉痛になんかならないようです。

今日は、昨日我が家にやってきた文鳥の世話の仕方を娘に教えます。どうやったら自分の手に止まってくれるか、えさ箱に溜まった殻を吹き飛ばすにはどうしたらよいか等。それで今日は娘の手に止まって、娘の手のひらに置いてある餌を食べてくれるようになりました。
明日も娘は運動会の代休という事で休みですから、また文鳥と遊ぶ事が出来る事でしょう。本当の飼い主を捜すのはちょっとかわいそうかも知れませんね。娘は文鳥に名前を付けました。「チイチ」だそうです。それで私が娘の名前をもじって「知一」と言う字をあてました。娘は最初「これじゃ、チーじゃないの?」と言ってましたから、「これは漢字の1なんだよ。だからチイチと読めるんだよ。伸ばす時に書く棒じゃないんだよ。」と言うと納得していました。でも、わざわざ漢字で名前を付ける必要は無かったですね。

後は、育てていた稲の穂を収穫して、束ねて乾燥させる事にしました。でも、百粒あるかないかくらいの我が家の米。味わう事は出来そうに無いので、他の米と混ぜて炊くしかないですね。来々週くらいには食べられると良いのですが、どういう状態になったら、食べられるくらい乾燥したと判定できるのか、実は知らないんです。でも、十日くらい乾燥させるそうですから、2週間後くらいに食べれば大丈夫かと思っています。

それから、今日はカブト虫を飼っていた飼育箱の土を調べる事にしました。まだメスが一匹生きているので、それは別の小さな飼育箱に移しました。
オス一匹にメスを三匹同じ飼育箱の中で飼っていたので、卵を産んでいればもうそろそろ幼虫がいるかもしれませんから。
娘と一緒に飼育箱をそっと新聞紙の上にひっくり返して、素手で少しずつ土を崩しながら、慎重に卵や幼虫がいないか確認します。卵がどんな物か、幼虫がどんな物かは図鑑などで娘にも教えてあります。
ありました、ありました。全部で細長い卵が2個に真ん丸い卵が6個。真ん丸い卵は孵化するかも知れません。
それで、飼育箱の下にそれまで入っていた土を戻して、その上に卵をおいて上にクヌギマットを入れる事にしました。
私が飼育箱に土を戻しているその時です。いました、いました!間違いありません。カブト虫の幼虫です。白い体に茶色の頭。口には牙のような物がはえています。ちゃんと孵化した奴もいるのだから、見つかった幾つかの卵も孵化する可能性がずっと高くなったような気がして、嬉しくなりました。
さて、我が家で生まれたカブト虫の幼虫も、娘が頂いてきた幼虫のように大きくなると良いのですが・・・
昨日は運動会だったのですが、我が家の娘さすがに幼稚園児だけあって、筋肉痛になんかならないようです。

今日は、昨日我が家にやってきた文鳥の世話の仕方を娘に教えます。どうやったら自分の手に止まってくれるか、えさ箱に溜まった殻を吹き飛ばすにはどうしたらよいか等。それで今日は娘の手に止まって、娘の手のひらに置いてある餌を食べてくれるようになりました。
明日も娘は運動会の代休という事で休みですから、また文鳥と遊ぶ事が出来る事でしょう。本当の飼い主を捜すのはちょっとかわいそうかも知れませんね。
  娘は文鳥に名前を付けました。「チイチ」だそうです。それで私が娘の名前をもじって「知一」と言う字をあてました。娘は最初「これじゃ、チーじゃないの?」と言ってましたから、「これは漢字の1なんだよ。だからチイチと読めるんだよ。伸ばす時に書く棒じゃないんだよ。」と言うと納得していました。でも、わざわざ漢字で名前を付ける必要は無かったですね。

後は、育てていた稲の穂を収穫して、束ねて乾燥させる事にしました。でも、百粒あるかないかくらいの我が家の米。味わう事は出来そうに無いので、他の米と混ぜて炊くしかないですね。来々週くらいには食べられると良いのですが、どういう状態になったら、食べられるくらい乾燥したと判定できるのか、実は知らないんです。でも、十日くらい乾燥させるそうですから、2週間後くらいに食べれば大丈夫かと思っています。

それから、今日はカブト虫を飼っていた飼育箱の土を調べる事にしました。まだメスが一匹生きているので、それは別の小さな飼育箱に移しました。
オス一匹にメスを三匹同じ飼育箱の中で飼っていたので、卵を産んでいればもうそろそろ幼虫がいるかもしれませんから。
娘と一緒に飼育箱をそっと新聞紙の上にひっくり返して、素手で少しずつ土を崩しながら、慎重に卵や幼虫がいないか確認します。卵がどんな物か、幼虫がどんな物かは図鑑などで娘にも教えてあります。
ありました、ありました。全部で細長い卵が2個に真ん丸い卵が6個。真ん丸い卵は孵化するかも知れません。
それで、飼育箱の下にそれまで入っていた土を戻して、その上に卵をおいて上にクヌギマットを入れる事にしました。
私が飼育箱に土を戻しているその時です。いました、いました!間違いありません。カブト虫の幼虫です。白い体に茶色の頭。口には牙のような物がはえています。ちゃんと孵化した奴もいるのだから、見つかった幾つかの卵も孵化する可能性がずっと高くなったような気がして、嬉しくなりました。
さて、我が家で生まれたカブト虫の幼虫も、娘が頂いてきた幼虫のように大きくなると良いのですが・・・
女房は朝5時に飛び起きてお弁当を作り始めた。私はもう少し寝ていようと思ったいたのに、女房が起きたら娘も目を覚ましたらしく、私に「ママはもう起きたよ、パパ!」等と言ってねていられませんでした。
しかし、天候は今一つで空一面に雲が広がっていました。天気予報は曇り後雨。午前中の降水確率も50%。でも、6時半になっても中止の連絡網は回ってこないから、私は会場の場所取りに並ぶために出掛けて行きました。
午前中は何とか雨に降られる事も無く無事運動会をする事が出来ました。心配していたパラバルーンは予想よりも上手に出来ていました。
全員リレーの方は予想通りの最下位でしたけどね。

ところが、お昼休み中に雨がぱらつき、一部の競技は中止になってしまいました。しかし、一生懸命練習したマスゲームはちゃんとやる事が出来ました。これもまた、私が予想していたより、娘は体を上手く動かして見栄えのする演技をしていました。
年少さんや年中さんの演技を見ていると、皆と同じように出来ない子もいるけど、年長になると結構足並みがそろうようになる物ですね。
運動会は子供達にとって良い思い出になった事と思います。

さて、運動会も終わって家に帰ってくると、ロビーに鳥がいました。
あれ?珍しいぞ、四十雀かな??と思って近づいて見たら文鳥でした。きっと、何処かの家で飼っていたのが逃げたのでしょう。
女房も娘も、「このままじゃカラスや猫にいじめられちゃうよ。」と言うので、飼い主が見つかるまでと言う事で家で預かる事にしました。

でもね、家に連れて来たら女房も娘も、餌は何をやれば良いのとか基本的な事を知らないようです。なんだよ、また私が面倒を見る訳?カブト虫の幼虫とクワガタ虫だけで十分なんだけどなぁ・・・

でも、娘に乗って餌を食べているし、いまさらダメって言う訳にもいかないしね。それで、狭い我が家に文鳥のゲージが増えてしまいました。娘と文鳥、すっかりお友達になったようです。
copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .