ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
3匹頂いたカブト虫の幼虫が、蛹になり、土曜日に1匹、日曜日に1匹、そして今日最後の1匹が成虫になりました。しかも、全部オスです。狭い飼育箱に複数のオスを入れておくと、すぐに喧嘩になって傷ついてしまいますから、3匹とも、別々の飼育箱に移しました。もう、空いている飼育場はありません・・・

一方、我が家で卵から育てている3匹のカブト虫たちは、まだ蛹のままのようです。今年も繁殖するためには、ぜひともメスであって欲しい物です。6匹も幼虫がいたのに全部オスだったりしたらどうしよう・・・メスを買ってくるというのもなんだかしゃくなものです。

それで、娘に友達からカブト虫のお嫁さんをもらってくるように頼みました。くれと言われても嫌でしょうから、お友達の飼っているメスのカブト虫と、我が家で飼っているオスのカブト虫を交換しようと言うように娘には言っておきました。

見つかると良いのだけど・・・
スポンサーサイト
金曜日に近くのディスカウントショップの広告を見ていた女房が、仕事中の私にメールを送って来ました。一輪車がでていると。

しかし、午前中は不安定な天気。午後からは演劇を見に行く予定。娘にストレッチやダンスを教えて下さっている先生が舞台に立つと言うので、北とぴあに行ったんです。
演劇を見終わったら、雨は上がっていました。

それで、自転車に乗ってディスカウントショップに向いました。思えは、娘が今乗っているこの自転車だって、こっちに引っ越して来てから、そのディスカウントショップで買った物です。まだちょっと大きめで、サドルを目一杯下げても、両足のつま先が何とか着くぐらいなんです。だから、娘が危なくないように、少しゆっくり走って行きました。
ディスカウントショップに付くと、ブルーの一輪車は、そんなに濃い色では無く、娘は気に入ってくれたので、誕生日にはまだ早いのですが、それを買う事にしました。
それで私と娘は、誕生日にはプレゼントは無いけど、娘の好きな物を食べに行くと言う約束をしました。

一輪車を買った後は、近所のペットショップに行ってみました。文鳥のチイチの餌が少なくなっているし、そのペットショップには、私も娘も一度も行った事が無いので、どんな感じの店なのか、見てみる事にしたのです。

そのお店は、私が思っていたより、ずっと広いし清潔で、様々な種類のペットが売っていました。娘は、文鳥やインコのひなにすごく興味を持って見ていました。ちょうど、餌をやる時間になり、娘は店員さんが挿し餌をする様子を、とても興味深そうに見ていました。自分も、ひなを育てて見たいと思ったようです。しかし、ひなを育てると言うのは、そんなに簡単では無いようです。文鳥のひなは、餌を与えるだけ食べてしまい、お腹を壊す仔もいるそうです。
それに、小学生の娘が昼間数時間おきに餌をやる事は不可能です。女房と娘の両方が餌を与えたら、一体どちらになつく事でしょう?
私は、娘にもう少し大きくなって、文鳥の飼い方を良く勉強しないと無理な事を説明しました。それで、娘は今年の夏休みに、このペットショップに行って、勉強する事に決めたようです。店員さんに、夏休みに来ても良いかどうか、確認したそうです。店員さん、もう一人面倒を見るのが増えてしまってすみません。

そんな訳で、すっかり娘は一輪車の事は忘れていると思っていたのに、今朝になったら私に一輪車を組み立ててくれと言いました。結構覚えているものです。そして、この一輪車も、娘には少し大きいのです。でも、娘はベランダで、早速練習していました。そして、小学校の校庭開放に出掛けて行きました。そして、帰って来ると、得意げに校庭半周出来たと言っていました。

すこし早くなってしまった誕生日プレゼント、これから沢山使ってくれると良いのですが。
先日、バラの木で4匹発見したてんとう虫の幼虫のうち、1匹は朝顔にもう1匹はキンギョソウに移して、バラには2匹だけにしました。
と、言うのもバラについていたアブラムシがすっかり少なくなり、4匹では餌が足りないだろうと思ったからです。

しかし、最近バラを見ても、アブラムシも見当たらないし、てんとう虫の幼虫も見当たらないんです・・・てんとう虫は、アブラムシを全部食べ尽くして、自力で他の所に行ったのでしょうか?

そう、考えていたら女房が朝顔をキンギョソウを見てと言うので、見てみました。
すると、葉の上にてんとう虫の蛹がついているではないですか!かなり無防備な感じがします。幼虫の時は、黒い体にオレンジの斑点2つだったのに、今はオレンジの体に何個も黒い斑点が付いています。
こいつらは、ナミテントウじゃなくて、ナナホシテントウだったのでしょうか?
成虫を見る事ができれば答えは出るでしょうけど、成虫は羽がありますから、じっとしているとは限りませんよね。でも、普通は早朝に羽化するのだと思いますから、休みの日でも早起きして見るとしますか。

でも、バラに残した2匹は、どうしているのでしょう?蛹も見つからないんですけど・・・
今日は、少しだけ早く会社から帰って来ました。私が玄関の扉を開けると、娘が駆けて来ました。まだ、娘が起きている時間に帰って来れたんですねぇ。

今日は、私に「おかえり」と声をかけてくれるのは、娘が一番最初と思いきや・・・娘が言うにはチイチ(我が家の文鳥)が鳴くから、パパが帰って来たと思って玄関に来たというではないですか。
私は必ず帰る前に女房のPHSにメールを入れる毛で、それをチイチが知る訳も無いのに、何故私だと分かるのでしょうかねぇ。それとも、単に玄関の鍵を開ける音を覚えているのでしょうか?
昨年の夏に旅行に行ったときに捕まえて来たクワガタムシのメス(多分、ヒラタクワガタかオオクワガタ)。彼女?は何時もクヌギマットや朽木の中に潜んでいて、捕獲後私達の前にその姿を自ら現した事はありませんでした。ですから、私がクヌギマットを交換する時に、その姿を見る事ができるくらいです。早朝見にいこうと、夕方見に行こうと、夜中に見に行こうと、私の足音を聞きつけて、素早くクヌギマットの中に隠れてしまうのか、目にする事は無かったのです。
ところが、今朝霧吹きをするためにクワガタ虫の飼育箱を開けてみると、餌を入れるために置いてある木の近くに居るではないですか!
かなり衰弱しているのか、逃げようとはしませんでした。私が霧吹きで水をかけてやると、長い舌を二本出して、水を飲んでいました。
このクワガタ、成虫になってから一体何回越冬したのか分かりませんが、今年が最期の夏なのかもしれません。
もう直死んじゃうかも知れないからと、娘を呼んできて、その手にクワガタ虫を乗せてあげました。クワガタは、娘の手をしっかりと掴んでくれたそうです。まるで、まだ生きていると主張するかのように・・・しかし、私はそのクワガタムシが大きな羽を開いて飛ぶ様子を見た事がありません。まだ、飛ぶ力があるのなら、その姿を見せて欲しいものです。
土曜日にインターネットで注文しておいた、折畳式の木のテーブルと椅子が今朝届きました。
我が家のベランダは広いと言いながらも、さすがにこれを置くと狭いです。一時は、メールで紹介された直径1mのテーブルにしようかと思っていたのですが、冷静に考えて小さ目の物にして良かったです。

しかし、子供は目新しい物が好きな物です。早速、今日届いたそのテーブルのところにおやつを運んで宿題をしたそうです。せっかく私がインターネットで探し当てて買ったのに、最初には使えないんだよなぁ・・・
皆さん、昨夜はよく眠れましたか?私は良く眠れませんでした。
昨夜は女房も娘も暑いと言うので、エアコンを使う事にしました。私達の寝室に取り付けたエアコンにはマイナスイオンモードがあり、特に冷房運転をしなくても、マイナスイオンだけを使えるのです。要するに送風って事なんですけどね。気のせいかも知れませんが、単なる送風よりは涼しいように思うんですけどね。

そんな訳で、昨夜は10時半から2時間タイマーでマイナスイオン。私は良く眠れたのですが・・・
そう、夜中の1時の事です。娘が暑いと言って私を起こしました。そう、エアコンが停止してから僅か30分後の事です。それで仕方なくもう一度2時間のタイマーでマイナスイオン運転。

それが私の体には良くなかったらしく、起きたら下痢になってしまいました。どうも寝冷えをしたらしいです。そんな事もあろうと、腹巻しているんですけどねぇ・・・でも、我が家の女性陣はなんともないようです。なんで私だけ?
我が家のベランダで飼育しているカブト虫。
金曜日の夜位から羽化が始まったようだ。どう曜日の朝には、一匹は蛹室の中ですでに赤い背中をしていた。蛹室の下の方には、脱ぎ捨てられた殻が見受けられました。今日の夕方には、二匹が既に羽化してしる様に見えますが、どれもまだ蛹室から出ようとはしていません。
成虫になっても、暫くは蛹室の中にいて地上に出てくる時期をうかがっているのでしょうか?
それとも、体が硬くなるのを待っているのでしょうか?

この飼育箱の中には3匹の幼虫が入っています。だから、成虫が地上に出てきて、再びクヌギマットの中に潜り込む時に、もう一匹の蛹室を壊してしまわないように、他の容器に移してあげなければならないでしょう。
そう思って、飼育箱をもう一つ買ってきました。これからは、カブト虫の様子を確認する為に、早めに帰ってこなければならないかも・・・

ところで、先日ベランダで育てているバラのところにいたてんとう虫ですが、全然その姿が見えません。そう思っていたら、昨日てんとう虫の幼虫を発見しました。黒い体にしっかりとした6本の足を持ち、すばやく動き回っていました。背中には、オレンジ色の斑点が二つ、おそらくナミテントウの幼虫でしょう。
幼虫は飛ばないから、きっとバラについたアブラムシ達を食べてくれる事でしょう。
前のマンションに住んでいた時から、このバラを育てていたのに、その時にはアブラムシがつく事もありませんでしたし、他の鉢花にアブラムシがいても、てんとう虫の幼虫を発見するような事はありませんでした。
前住んでいた所より、今住んでいる所の方が繁華街に近いのに不思議なものです。

そう思えは、我が家の朝顔は、もう咲き始めました。水曜日くらいから、毎朝花を開きます。去年よりずっと早く咲き始めたと思います。こちらの方がずっと日当たりが良いのかも知れませんね。
先日は、水温が上がらず、着替えの練習だけだった水泳の授業。娘によると、今日はプールに入る練習をしたそうだ。

思えば、私は小学校に入るまでプールに入った事なんてなくて、どうやって入るのか知りませんでした。今も、そう言う子がいるのでしょうか?

娘は着替えた後、消毒槽に入ったそうですが、娘はひざの裏を掻きむしっているので、痛いほどしみたそうです。それでも、お尻が底につくまで潜ってと言われたそうで、痛いのを我慢して入ったとか。そのせいか、今夜はちゃんとひざにネット包帯をして寝ています。
消毒槽の後は、シャワーを浴びたそうですが、これがすごく冷たかったそうです。
そしてプールに入ったそうですが、ここが一番暖かかったそうです。

あれ?入り方の練習はいいけど・・・出方の練習って言うのはやらなかったのかなぁ?
今朝、娘が我が家のベランダで咲いている紫陽花の花を切ってくれと言った。なんでも、学校に持って行くとか。

我が家のベランダで咲いている紫陽花なんて、何年も前に買った鉢植えを、大した手入れもせずに育てている訳ですから、学校に持って行って飾れるほど立派な物ではありません。

女房に訊いてみると、図工の時間に紫陽花の絵を描くので、家に紫陽花がある子は持ってくるようにと言われたそうだ。
なるほど・・・クラスの何人かが紫陽花の花を持ってくれば、見栄えがすると言う事か。
と思い、花が付いている枝を一本切って渡しました。

さて、娘の絵の方はどうだったのでしょう?何も言わずに寝たところを見ると、いまいちだったのかなぁ・・・それとも、我が家の紫陽花があまりにも貧弱で、やな思いをしたのかな?
copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .