ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。

今朝、青猫(ogenki)さんとぷっち☆メールでお話させて頂いて、判明したのですが、画像の修復は完全ではないので、チェックが必要です。

私は勝手に最近アップした画像数枚と、一番古くにアップした画像数枚をチェックしてOKだと思っていたのですが、チェックが甘かったです。

 

もう一度全ての画像をチェックしたところ、1枚はアバターの画像に書き換えられていて、もう1枚はなんと他人の画像に書き換えられていました。勝手に上書きされてしまった画像は最近の物とか古い物とかで区別できる訳ではないようです。

 

まぁ、娘とその書き換えられてしまった画像を見て、笑ってましたから、これはこれで楽しめた訳ですが、頂いた画像が書き換えられてなくて本当に良かったです。

 

そういう訳で、時間がある方は全ての画像をチェックする事をおすすめします。

スポンサーサイト

唐突ではありますが、もう直ぐ節分ですね。

そこで私の女房は、図書館から日本折紙協会が発行している月間おりがみ2003年2月号を借りてきて、折紙で鬼を作る事に。

それにしても図書館に2年も前の月刊誌があるとは思いませんでした。

そうそう、折紙に興味がある方は、日本折紙協会のホームページhttp://www.origami-noa.com/に立ち寄ってみて下さいね。

 

女房が台紙に雑誌に掲載されていたのでついでに作った雪ダルマと鬼を糊で貼り付けて完成です・・・と思ったら

 

以下台本風

 

(完成した折紙を壁に飾る母、横で見ている娘と父)

 

母:「なんか物足りないわねぇ・・・」

娘:「ママ、豆が無いからじゃない?」

 

(リビングボードの引き出しの中をあさる母、丸くて金色のシールを探しだしてくる)

 

母:「あった!これを豆の代わりに貼ればいいんじゃない?」

娘:「あっ、Chieがやる!かして」

 

(母よりシールを受け取り台紙に貼り付けようとする娘)

 

父:「う~ん、豆をまいている感じがするように、放物線を描いて貼らなきゃねぇ・・・」

娘:「どうぶつせん???」

母:「パパ、そんな事言ってもChieには難しすぎるわよ。ほら犬のおしっこみたいによ、よく描いてあるでしょ」

 

(指で放物線を描く母、母の指先を見つめる娘)

 

娘:「犬のおしっこなんて普通描かないよ。まぁやってみるよ」

 

(シールを一つずつはがし、雪ダルマの手から順に貼り付ける娘)

 

父:「おや?なんだかハート型に見えてきたよ」

娘:「本当だ、それならハートにするよ」

母:「なんだか、節分とバレンタインデーが一緒になってるみたい」

父:「ハハハ、節分にバレンタインデーが同時に、まるでGaiaxのアバターアイテムみたいだな、おぉ、これもアニメーション化してアップしてみるか・・・」

 

そんな訳でアニメーション化してトピックスにアップして見ましたが、50kbyteの制限を守るのは大変です。綺麗な画像には出来なかったのでここにはJ-Peg形式でアップします。折紙だって事がよく分かるでしょ?

それから、雪ダルマの顔は娘が描いたんですよ。

児童教室の発表会まで、あと残すところ2週間。

今日は、娘と掛け合いで台詞を言うSちゃんが、教室に行く前に我が家に寄って、女房と娘とSちゃんで台詞の練習をしました。

 

娘もSちゃんも、時々台詞が出ずに詰まる事もありましたが、出だしを教えてもらえば、後はなんとか言えるようになっているようです。

後は、演技指導を受けてダンスを仕上げ、大きな声で台詞が言えるようになれば完璧です。ってこう書いてみると、結構未完成な部分が多いですね。

 

来週もう一度皆で練習したら、後は舞台の上でのリハーサルそして本番ですから、気が抜けません。プレッシャーに弱い娘ですから、早く台詞を完璧に覚えさせて、不安を自信に変えてあげねばなりません。

明日は、家族で台詞の読み合わせかな?

Sおばさん、毎年ありがとうございます。

 

昨日、新潟県阿賀野市に住む私のおばさんから、一夜干いかが届きました。それもなんと5枚も。

 

実は、毎年冬に佐渡名産のこの一夜干いかをプレゼントしてくれるんです。今年は不作で物が小さいと仰ってましたが、こんな上等な物はここ東京では、そんなに簡単には手に入りませんよ。

 

女房は、早速今日の夕食用に大学芋を作るついでに、その一夜干いかを天ぷらにしました。肉厚の上に柔らかで、とても美味しく頂きました。

娘もこの一夜干いかが大好きで、毎年送られてくるのを楽しみにしているんですよ。

 

Sおばさん、本当にありがとう。

ようやく自分のサイトを表示する事が出来るようになったと思ったら、アバターは初期のアイテムしか表示されないし、私がサイトにアップした画像はキレイさっぱりと消去されてしまったようです・・・

もし復旧できないとしたら、今までアップした画像をすべてもう一度アップしなおすしかないでしょう・・・せっかくの週末がこれでおじゃんになるかも・・・

 

今日は、画像をアップする気にはなれないと女房と顔を見合わせて居ます。ぷっち☆ゆうはまったく表示されないし、娘が見たら悲しむだろうなぁ・・・

今日、かかりつけの小児科の先生に娘を診て頂いたのですが、先生の見解は伝染性紅斑(りんご病)ではないかと・・・

 

確かに金曜日にほっぺが赤いことをクラス担任の先生にも指摘された娘ではあったが、以前にりんご病になった事があったはず・・・2度かかるのだろうか?

 

それに昨日は38度台の熱、ほっぺが赤くなるのはりんご病のなおりかけの頃の症状で、この頃には熱はそれ程高くないというのが一般的なような気もする。大体流行時期は春から夏にかけてではなかったのだろうかと思い、ネットを検索してみて、なお合点が行かないような気分に・・・

 

もしかしたら、りんご病で体力が低下しているところに単なる風邪をひいたのだろうか?小児科の先生は、そんな事は言ってませんけどね。

とりあえず今日一日は学校に行かずに様子を見なさいと言う事になり、今日は熱も下がっているのですが、家にいる事に。今頃、きっと娘は退屈している事でしょう。

もう殆ど平熱に戻った娘ですが、小児科の先生が「明日まで学校は休みなさい」と仰ったので、家でじっとしている羽目になった娘。

 

鼻水と咳は出るものの、熱が下がれば元気なもんです。えぇ、外出できない訳ですから退屈しております。そこで、かいわれ坊やの第2弾として、かいわれシスターズを作ったそうです。

 

材料:いちごのケース1個、トイレットペーパーの芯3本、卵の殻3個、化粧用コットン3枚、かいわれ大根の種(個数は不明)、絵を描くためのマジック数本、セロハンテープ適量

 

おや、真ん中の子だけ服が書いてないじゃないですか!娘に聞いたら、絵を描く前にトイレットペーパーをいちごのケースにセロハンテープで貼り付けてしまい、真ん中の子に絵が描けなくなったとか。

もっと前に気付くだろう普通と突っ込みたくなってしまいましたが、ここは笑うだけにしておきました。

 

ほら、後ろにも何か書いてあるでしょ。頭部には名前が書いてあるそうで、本体に書いてあるのは天子の羽なんだそうです。そんな良い物には見えないけど・・・頑張れば羽に見えないことも・・・親バカにも努力が必要な一日でした。

小学校二年生の算数の問題です。

 

問題:下のような ものの 長さを はかりました。

・こくばんのたて 1m8cm

・けいじばんのよこ 1m15cm

・くつばこのたかさ 85cm

 

?1mより みじかい ものは どれですか。

?1mに いちばん ちかい ものは どれですか。

?いちばん 長い ものは どれですか。

 

なんと娘の答えは以下のようなものでした。

 

?つくえのよこ    正解は、「くつばこのたかさ

?自分のせの高さ 正解は、「こくばんのたて

?こくばんのよこ  正解は、「けいじばんのよこ

 

なんと、娘はこれが三択問題だという事にすら、気付いていませんでした。問題に書いてある3つの物は、まったく無視です。

もし正解が分からない人は、正解は、の後ろの「と」の間をドラッグしてみてくださいね。

これはテストの問題の一部ですが、このテストの娘の点数は内緒です。

しかし私は、よくここまで適当に答えを書ける物だと感心してしまいました。

教師の皆様!こんな親バカな私をお許し下さい。

娘が14日に作ったかいわれ坊や、どうなったと思います?

実はかいわれが育ったらバランスが崩れて倒れてしまったのです。

そこで娘は卵の殻をしっかりと紙コップに固定しようとして・・・

えぇ、ご察しの通り殻をギュッとつかんでしまいまして、見るも無残なお顔に・・・

 

一方、娘の方ですが、昨日は微熱でしたが、今日は朝から37.4度の熱。

今日は家族でデパートにでも買い物に行こうかと思っていたのですが、買い物は女房だけ行くことに。それで娘は録画しておいたアニメのビデオを見ています。

 

明日までに熱が下がるといいんですけどねぇ・・・

今週末にデパートに行こうと思っていたのは、実はデパートの銘店会の福袋に入っていたお寿司屋さんの\1,050分の引換券があったからなんです。結局娘が熱を出したため、女房一人でデパートに行く事になりましたが。

引き換え期限が今月一杯なので、もう時間がなかったですからね。

 

その引換券に書いてあったお寿司屋さんの名前、今まで気が付いた事が無かったんですよね。女房がデパートの地下街でその店を探し回ったらとても間口の小さな店だったとか・・・

そして\1,050分の引換券で引き換えられた商品は、写真の稲荷寿司とかんぴょう巻きです。

 

勿論食べてみましたが・・・残念ながら私には千円も出す良さが分かりませんでした。スーパーや持ち帰りの出来るおすし屋さんで\300程度で買える物とあまり違いがないような・・・女房に聞いてみても意見は同様でした。

 

守口漬けと言い、このお寿司と言い、どうも銘店会の福袋は我が家の口には合わないようです。来年は買わない事にしよう・・・

copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .