ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。

女房は、GW前半に家でパソコンを使ったお仕事があるので、昨日も今日も夕食を娘と私で作る事になった。

 

ちなみに昨日のメインディッシュは、サーモンムニエルでした。

幼稚園児くらいの時、鮭の塩焼きを良く食べる娘に、ムニエルを作ってあげたら、口に合わないとか言って全然食べてくれなかったんですが、自分でペーパータオルで鮭の切り身の水気を取ったり、小麦粉をまぶしたりしたのが良かったのか、ちゃんと食べてくれました。

他に娘が手伝ってくれたのは、野菜スープ。味見をしながら顆粒のだしを加えながら作ったスープは、満足のいく味に仕上がったらしく、娘も喜んでいました。

 

そこで今日私が作る事に決めたのは、マグロ納豆とアサリの酒蒸し。

やはり、どちらも娘が幼稚園児くらいの時に作って食べてもらえなかった品。

 

私は大根おろしをマグロ納豆に混ぜるとあっさりとした味になり好きなので、娘に大根おろしと納豆をかき混ぜてもらったり、マグロを一口大の大きさに切ってもらったりしました。

 

アサリの酒蒸しの方は、娘に砂抜きをしたアサリを深めの皿に並べてもらい、私がお酒をふりかけ、再び娘がバターを入れて、細かく刻んだ浅葱をふりかけ、ラップで皿を閉じます。

そしてお皿をレンジに入れて、レンジ強で6分にセットしてスタートボタンを押してもらいました。

 

アサリの酒蒸しは、とても美味しく感じられたようで、娘は「Chieはアサリが大好きだから」と言って沢山食べていました。幼稚園児の頃は、お味噌汁の中に入っているアサリは食べても、酒蒸しにしたアサリは食べなかったんですけどね。

 

一方、マグロ納豆の方ですが・・・マグロ一切れを食べただけで、「納豆の味がする」と言って食べてくれませんでした。

 

それはそうと、私と娘に料理を任せた女房は、果たして食べられる物が出てくるのかどうか心配だったとは思いますが、それ程まずいものを食べさせられる事もなく、頼んで良かったと思ってくれたようです。

 

5月から毎週土曜日に女房は児童館に勤務する事になったので、毎週私と娘が夕食当番になりそうです。もし、娘が飽きずに1年間毎週土曜日に料理を手伝ってくれたら、結構上手くなるんじゃないかと思うのですが、どうなる事やら・・・

スポンサーサイト

今日は暑い一日でしたね。

ベランダで鉢花の世話をするのも、Tシャツ一枚で十分なくらいの暑さです。一部の鉢は朝だけの水遣りではもたずに、夕方にもう一度あげたりしました。

こう暑いと、お風呂に入って汗を流すのが気持ちいいものです。

 

娘と一緒に湯船に浸かって体をほぐした後、さてどちらが先に体を洗うかを決めるために、じゃんけんをする事になりました。

 

娘:「パパ、じゃあ戦争で決めようね、手を出して」

父:「戦争弱いからなぁ・・・」

娘父:「せんそう!、ぐんかん、ぐんかん・・・」

 

やはり、私が負けてしまいました善戦したんですけどねぇ・・・

 

父:「パパも、Chieの後ろの方で洗ってもいいでしょ?」

娘:「ダメ!パパは、Chieがいいと言うまで、出てきちゃダメだよ」

父:「・・・ねぇ、Chie、最近ノバキッズに通い始めたでしょ?」

娘:「そうだけど?」

父:「じゃあ、アルファベットは習った?」

娘:「そんなの知ってるよ」

父:「それならABCD、その次はな~んだ」

娘:「E(いい)」

父:「あっ、Chieがいいって言ったから、出て体を洗おうっと」

娘:「ダメだよ。ずるいよパパは!まだでちゃダメ。今度は、Chieがいいじゃなくて、いいよと言ったらだよ。分かった?」

父:「仕方ないなぁ・・・ところでChie、くまのプーさんの話知ってる?」

娘:「知ってるよ」

父:「じゃあ、プーさんに出てくるトラの名前は?」

娘:「そんなの簡単だよ。ティガーだよ」

父:「おや、知ってるねぇ・・・じゃあ、ロバの名前は?」

娘:「えっ?ロバ?・・・あっ!そうかあれがロバだ・・・名前は・・・えっと・・・何だっけなぁ?」

父:「降参だね?」

娘:「分かった!イーヨー!」

父:「あっ、Chieがいいよって言ったから、で~よおっと」

いつもは、普段着で会社に行く私なのですが、今日は社長と一緒に協業企業様のオフィスにて打ち合わせがあったので、久しぶりにスーツを着て出かけました。

 

私が、ヒラヒラするネクタイが邪魔なので、スラックスにネクタイの先を挟むしぐさを見た娘。

 

娘:「パパ、ズボンの中にネクタイを入れちゃダメ。止めるの持ってないの?」

父:「いやあるんだけど・・・そう言えば、2年前にここに引っ越して来てから使った事ないなぁ・・・何処にしまったんだろう・・・ママッ!」

母:「何?どうしたのよ」

娘:「パパがネクタイ止めるやつが何処にあるか分からないんだって」

父:「そうなんだよ・・・」

母:「しょうがないパパねぇ、本当に記憶力ないんだから・・・」

 

女房は、直ぐに私のネクタイ・ピン等がしまってあるケースを持って来てくれました。本当に女房の記憶力の良さと方向感覚には助けられます。

 

我が家は助け合い、補い合っている家族と言う事で、納得しています。

今日、会社から帰るとGWの日程発表があった。

 

 4月29日:愛・地球博の準備

 4月30日:愛・地球博の準備(実家に荷物発送)

 5月 1日:こどもの城

 5月 2日:移動日(東京→愛知)

 5月 3日:ポケパーク

 5月 4日:愛・地球博

 5月 5日:移動日(愛知→東京)

 

上記のうち、私に関係のあるのは、5月1日に娘をこどもの城に連れて行くくらいかな・・・この日は、女房は仕事があるとか。

そして、多分3日か4日は会社で仕事をするかも・・・

そして最終日の5日には、家族揃って夕食は外食にしようかなと思っている。

 

私は娘に聞いてみました。「こどもの城に29日に行ってもいいんじゃないか」と・・・

そしたら娘は、「もし愛・地球博の準備が30日と1日で終わらなかったら大変だから」だと言うのだ。

そこで私が「終わった分だけ宅急便でおばあちゃん家に送って、送れなかった分は、大きなリュックに詰めて、Chieが背負って行けばいいじゃない」と言うと、

娘は「それが嫌だから先に準備をするの!」だって。

 

旅行の準備となると結構しっかりしてるじゃん。

なのに、明日の学校の準備がなかなか出来ないのは何故よ?

今日は会社で色々と人と話をする事が多くて時間を取られてしまい、家に帰りついたのは10時少し前でした。

 

この時間になると娘は既に寝ていますから、ちょっとだけ娘の寝顔を確認して・・・おいおい、布団から乗り出ているよ。と言うか、布団が蹴飛ばされているんですけどね。掛け直してあげて、日記の続きを。

 

実は今日は4時から私の会社で業者さんとの打ち合わせがあったのですが、3時半くらいからでしょうか、突然雷が鳴り出してにわか雨が降ってきました。そう、ちょうど娘が学校から帰ってくるような時間だったかも・・・それで、家に帰ってから女房にその事を確認してみたら、女房も娘もびしょ濡れになってしまったとか。

 

娘はちゃんと折畳の傘を持っていたのですが、何しろ強い雨でしたからねぇ。女房は仕事で、依頼主のお子さんをお迎えに行く途中で雨に降られたとか、勿論女房も傘を持ってはいたのですが、強い雨だったので濡れてしまったそうです。

 

それで、私はどうだったのかと聞かれたのですが、私はずっと会社に居ましたから、一回も折畳の傘を開く事はありませんでした。

そう思えば、打ち合わせに来られた業者さん、移動の時にちょうど雨に降られたんでしょうね。

昔、女房と海外旅行をするために買ったモスグリーンのスーツケース。

今は、女房が実家に送る荷物を詰めている・・・

 

女房の実家は愛知県にあり、そうです・・・愛・地球博を見に行くのに都合が良いので、女房と娘は実家に宿泊するのです。

それで、事前に荷物を送り付けようと準備を進めているんですねぇ。

 

実家に送る荷物の中に入れられなかった物が一つ、娘が当日背負っていく予定のリュックの上に置いてあった。

 

それが写真の「愛・地球博 公式ガイドブック ジュニア版」 コマーシャルするつもりは無いけど「小学館」さんの出版物です。

 

特別付録「愛・地球博冒険セット」と題して、

 ・会場レジャーマップシート

 ・冒険コンパス

の2つが付いているのです。

 

要するに会場の地図が印刷されたレジャーシートと方位磁石の付いた定規ですね。

 

しかし、このレジャーマップシート、縮尺率が書いてありません。冒険コンパスの定規ってなんの役に立つのやら・・・

このガイドブックの良いところは、全ての漢字に読み仮名が振ってある事でしょうか。自主性のあるお子さんなら、各パビリオンの内容を自分で予習して、見たいパビリオンを選ぶ事が出来ると思います。

 

で、我が家の娘ですが・・・学校から帰っても、バンバンラケットで遊んでばかりで、ちっとも読んでないみたいです・・・

既に親の思惑ははずれてしまったようです・・・

娘が去年まで通っていた学校に居たおたまじゃくしをもらってきてから、2週間ほど経ったでしょうか。先週ベランダに置いてあった化粧鉢の中に、藻を入れてあげて、おたまじゃくしも住み易くなったと思います。

 

今朝鉢の中を覗いてみたら、おたまじゃくし達は日向ぼっこをしているかのように、水面近くに集まっていました。

う~ん、まだ足が生えて来ていないみたいですねぇ・・・

 

ところで、おたまじゃくしって、どちらの足から先に生えてくるんでしたっけ?確か後ろ足からだったように思うのですが・・・

女房は前足からだと言うし、娘は知らないって言うんですよね。

これは、観察してみなくちゃいけませんね。

昨日、スーパーサ○ットに行った時にもらって来た、母の日似顔絵コンテストの用紙に娘がママの似顔絵を描いた。まぁまぁの出来である。

 

昨日の朝から、喉が痛いと少し咳をしたりしているので、調子が今一のようだ。でも、ただ咳がでると言うだけで、特に熱がでると言う訳でもないのだが、GWには愛・地球博を見に行く事になっているので、大事をとって小児科に行き、薬をもらってのんでいる。直ぐに治ると良いのですが・・・

 

さて、出来上がったママの似顔絵を持って、私と一緒にスーパーへ。

似顔絵は、スーパーの陳列棚の上の方に貼り出してもらえるそうだ。

娘が自分の描いた似顔絵を差し出すと、サービスカウンターのお姉さんが幾つかの参加賞を差し出した。

その中から娘が選んだのが、写真のバンバンラケット。柔らかなスポンジ製のボールを使用しているので、家の中で遊んでも危なくありません。遊びに出かける事をママに禁じられた娘には、格好の遊び道具だったに違いありません。

 

家に帰ると早速相手をさせられました。スポンジのボールは、そんなに早い速度で飛んだりしませんから、狭いマンションの中でも遊べます。

最初は私とやってましたが、私が疲れると今度はママとやったりして、お風呂に入るまでの3時間あまり、ずっとこれで遊んでました。

やはり、子供は体を動かさないとねぇ。

せっかく頂いた新生貯金箱に何もお金が入っていないと言うのもなんです・・・(新生貯金箱については、父と娘のダイジェストの男の買い物のコーナーを見てね)

 

今まで私が愛用していた牛の貯金箱を娘にあげる事にして、今まで溜めたお金を新生貯金箱に移しました。

 

ただ単純に移しても芸が無いので、娘と一緒にいくらあるかを1枚ずつ数えながら移しました。\500ずつ足して金額を数えると言うのは、小3になったばかりの娘には難しいようです。「\10,500に\500足したら、\20.000?」とか妙な数え方になってしまうことも度々。日常生活の中でお金を数える事が少なくなったので、数える事に不慣れだということもあると思います。これからは、もっとお金を数える機会を増やさないといけないかも・・・買い物してもお釣りがいくらかまでレシートに書いてある時代ですから、便利のようでいて実は教育の妨げになっているのかも知れませんね。

 

さて、全部で4万6千円も溜まっている事が分かったのですが、巨大な新生貯金箱に入れると、ご覧の通り底を何とか隠す程度の量です。この貯金箱が500円玉で一杯になれば100万円くらいになるかも知れませんね。

でも、そんなに沢山溜まるはずはありませんよね・・・

3月27日に我が家の水槽の汚れを除去してもらうべく、ホームセンターで購入してきた石巻貝2匹であったが、1匹目は4月8日に水槽の壁面より落下、その後再び壁面に張り付く事はなかった・・・

 

そして残る1匹は、ずっと水槽の中に入れてあった鉢に付着していた藻を食べていたようなのだが、全て食べつくしたのか今週位から壁面に張り付いていた。しかしコレがよくなかったのか4月20日に壁面より落下、翌21日には再び壁面に登り付いたのだが、今日またしても落下してしまいとうとう力尽きてしまったようです。

 

もしかしたら、水槽の壁面に毒性のある藻類もしくはプランクトンが生息していたのかも・・・この水槽に再び貝を投入しても、同じ事の繰り返しになりそうなので、明日別の水槽にお引越しさせて、今使っている水槽は私が綺麗に掃除する事にします。

 

それにしても可愛そうな石巻貝君達でした・・・

copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .