ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。

28日(土)の朝から、歯茎が腫れて痛みがあり、まともに噛む事ができなくなってしまった私・・・昨日くらいから大分改善せれては来たのですが、食事は極力柔らかいものと言うことで、最近はずっと夕食はシチュー。

娘は、そんな夕食が大分嫌になってきてはいるのですが・・・

 

ところで、私がシチューを食べ終わると女房が私にこう言いました。

 

母:「苺、あるけど、食べる?」

父:「いいねぇ、ビタミンが必要だよね」

娘:「いいなぁ、パパだけ」

母:「だって、パパは固いものが食べられないから・・・」

娘:「・・・」

母:「そうだ、プリンもあるからそれも食べて」

娘:「えっ~、いいなぁ~」

母:「あんたが嫌いな焼きプリンよ、ほら」

娘:「それなら要らない」

父:「なんだよ、こないだデパートで、高いプリン食べさせてやったから、スーパーで買った焼きプリンなんて食べられないと言うのか?」

母:「あら、それも実は嫌いな味だったのよ」

父:「えっ?あんなに高いプリンだったのにまずかったのか?」

母:「Chieは、焼きプリンじゃなくて、スーパーで3個\100で売ってるプリンが好きなのよ」

娘:「焼いてある奴なんてプリンじゃないでちゅ」

父:「なぬ?高かったのに・・・」

 

そう、5月15日にデパートに行ったとき、デパートのレストラン街にあるイタリアンレストランで、パスタやピザを食べた後、私と女房はカプチーノを飲み、娘にはプリンを食べさせてあげたんです。

そのプリンときたら、ウェイトレスさんが皿とステンレスの容器に入ったプリンを持ってきて、娘の前でナイフで容器の周囲に沿って切り込みを入れて、皿に伏せて給仕してくれた程の代物なんですよ。

それが美味しくなかっただなんて・・・

 

5月15日の関連記事については、下記をご覧下さい。

「1658 昔ながらのしょっぱい梅干 2005-05-15」

「30 紳士傘 2005-05-15」

タイトルにリンクが張ってありますので、クリックして飛べます。

スポンサーサイト

我が家のベランダに居たアゲハの幼虫達、ついに蛹に変態しました。

しかし、柚子の木に5匹居たはずの幼虫が、何故か2匹しか見当たりません・・・1匹は完全な蛹の状態、もう一匹は前蛹と呼ばれる状態。

前蛹と言うのは、外見は終令幼虫なのですが、蛹の様に糸で枝にぶら下がっている状態です。

 

そんな訳で、今日は鉢を動かしてアゲハの蛹の捜索をする事に、そしたら1匹見つかりました。アジサイの花の下に隠れて前蛹になってました。

 

う~ん、後2匹は何処にいったんでしょうねぇ・・・何処にも見当たりません。「Chieもベランダで遊んでばかりいないで探しなさいよ」と言うと、探しもせずに歌い始めました。

 

「♪どぉこぉにぃ~あのこは~、い~るのぉやぁ~らぁ~」

 

Chie、氷川きよしのファンだったんだね・・・

 

画像は、5月28日に撮影したアゲハの蛹です。

今日は、ピアノ教室が中止になったので、娘と一緒に葛西臨海水族園に行ってきました。

 

娘はもう何度もこの水族園に行ってますから、普通に見たのでは楽しくないだろうと思い、水族園魚ッチングシートをインターネットからダウンロードして、これに挑戦する事にしました。

 

水族園に移動する電車の中でも、このシートを見て予習をしたりできますから、退屈する時間も少なくて済みますしね。

 

そして、付いてから、目的の水槽は何処にあるのかを探すために、いつもは見ることも無い水槽のタイトル(例えば「みなみシナかい」とか「グレートバリアリーフ」等)を確認。

 

おかげで今までとはちょっと違った水族園が楽しめました。

 

写真は、「探検シリーズ」初級「いろんなかたち いろんなさかな」の「ながいさかなチーム」の?「9グレートバリアリーフ」すいそうでさがしてみよう!の答え「ヘラヤガラ」と思われる魚です。

間違っていたらゴメンなさい。

 

やってみたいと思われた方は、こちらからダウンロードができます。

 

娘から私に三択問題がでました。

 

問題:Chieが好きな科目は次の3つのうちどれでしょう

 1.理科

 2.算数

 3.国語

 

私は迷わず理科と答えたのですが、はずれでした。

 

娘は文鳥の世話をするのが好きだし、アゲハの幼虫だって毎日観察しているし、時々ベランダの鉢花への水遣りを手伝ってくれるし、そもそも私が小学生だった時に好きだった科目は理科だったから、娘もそうだとばかり思っていたのになぁ・・・

 

正解は、国語なんだって。

まぁ、算数が好きじゃないって事は、分かっていたけどね。

何故国語が好きなのかと聞いたら、例の作文をまた読んでくれました。

 

私が書いているこの日記を読んでいる皆様に褒められて、気を良くしているらしい・・・まぁ、これで国語が好きな科目から得意な科目になってくれれば良いのですが・・・

同音異義語と言うのは難しいものですね。

娘はある程度、漢字の意味という物を理解していると思ったのですが、まだまだでした。

いえ、別に小学校3年生の問題に「同音異義語」がある訳ではないのです。娘が分からなかったのは、この問題でした。

 

3>スピーチをするとき、話し方として、

  よいものをつぎから四つえらんで、記ごうで答えなさい。

   [] [] [] []

 

 ア 話したいことがあれば、じゅんじょは考えないで、

   思いつくまま、つぎつぎに話す。

 イ 話したいことをメモに書き出し、

   その中から話すことをえらんで、じゅんじょよく話す。

 ウ はじめに、とれくらい時間がかかるかを言う。

 エ はじめに、何について話すのかを言う。

 オ 人数や場所の広さに合わせた声の大きさや、

   話すはやさにする。

 カ みんなに聞こえるように、できるだけ大きな声で話す。

 キ 聞き手の方を見ながら話す。

 

3つは簡単に答えられた娘ですが、最後の一つが分からなくて、ギブアップ。

ママが、「よいのは、『聞き手の方をみながら話す。』だよ」と言うと、娘は「Chieの聞き手は右手だよ。右手を見ながら話すなんて絶対変だよ!」と言うではないですか・・・

確かに、自分の手を見ながら話すのは変です。だけどその「利き手」じゃなくて「聞き手」と言うのは、スピーチを聞くために集まっている人の事なんだけど・・・

 

答えを確認したい方は、問題文の後の[ ]をドラッグしてみて下さい。

娘が、国語の時間に作文を書いたそうです。

タイトルは「好きな事と大好きなペット」

 

娘はまず、好きなことに料理をあげて、以前はサラダを作っていたけど(作っていたんじゃなくて盛りつけていただけでしょ?)今は、スープを作る事に凝っている事。次に幼稚園児の時から文鳥を飼っている事を書いたそうだ。

 

そこで娘に音読してもらう事にしました。勿論、娘も喜んで読んではくれました。私はてっきり、毎朝自分で文鳥の水や餌を換えてお世話をしている事を書いたのかと思っていたのですが・・・

 

文章の構成としては、「起承転結」「起」の部分で料理が好きである事を話し、「承」の部分でサラダ作りからスープ作りへと興味が移っていった事を話し、「転」の部分でペットに話題を変えて、文鳥を飼う事になった経緯を説明・・・ここまでは小学校3年生にしては、文章構成は上手い方ではないかと。

 

最後の「結」の部分で、どうしてかは分からないけど、お父さんは文鳥にいじめられます」って何だよ・・・意外性はあるけど、そんな結末は嫌だなぁ・・・

 

文鳥のチイチを飼う事になった経緯をお知りになりたい方は、

「879 すっかりお友達に  2002-09-22」

にアクセスしてね。

今度は画像ありませんので、ご安心下さい。

 

昨日、娘が終令幼虫になった所を発見した、アゲハの幼虫。

実は、我が家のベランダの柚子の木には、全部で5匹の幼虫がいるのですが、今朝全ての幼虫が脱皮して終令幼虫になりました。

幼虫の画像をご覧になりたい方は、この前の記事を読んで下さいね。

 

私は、まず間違いなく、これはアゲハの幼虫だと思っているのですが、女房も娘もどんな蝶になるか見てみたいから、蛹になったら枝を切ってカゴにでも入れて、蝶になった姿を確認したいと言うのです。

 

柚子の木、幼虫に新しく生えた柔らかい葉を沢山食べられて、悲惨な感じになっているのに、この上枝まで切られてしまうのか・・・

この柚子の木ごと網の中に入れられればいいんですが、そんな大きな網はありませんしね。

 

実際に蝶になった所を見るば、娘にも強い印象が残ると思いますので、何か良い考えを思いつかないと・・・

スーパーから帰って来てから娘がベランダに出て発見しちゃいました。

 

ついに、我が家のベランダの柚子の木に居た蝶の幼虫が終令幼虫(蛹になる直前の幼虫でもうこれ以上は脱皮をしない)になりました。

アゲハの幼虫ではないかと思っていたのですが、間違いなくアゲハの幼虫でした。

 

幼虫が苦手では無い方は、写真を良くご覧下さい。

終令になった幼虫が、脱皮した自分の皮を食べています。

そう、幼虫の下に見える黒い物が、脱皮した幼虫の皮なんですよ。

アゲハの幼虫、終令になる前までは、体の色が黒いんです。

それで私も、この幼虫がアゲハだと断定するのが困難だったのです。

 

私も脱皮した皮を食べるところを見たのは初めてです。

娘の発見に喜んだ、パパでした。

今日は、こどもの城主宰のスキースクールの思い出会がありました。

 

思い出会は午後4時からなのですが、娘はこどもの城で遊ぶ事が好きなのでピアノ教室から帰って来たら、直ぐにこどもの城へと出かけました。

 

到着したのは、12時少し前でした。娘はまだお腹が空いていないからと言うので、先にひと遊びしてからにしようと思ったのがいけませんでした。3歳くらいの女の子と仲良くなって遊んでいて、結局お昼を食べたのは3時近くになってしまいました。待っている方は、正直結構お腹がすきましたよ。

 

昼食後少し休んで、思い出会の会場に向います。そこで冬休みに一緒にスキーを習った友達と再会。そして、スキースクールの様子を撮影したビデオを皆で観ました。

 

上映されたビデオも受け取ったし、もう午後5時を過ぎているし、もう帰ろうかと思ったのですが、まさに楽しい思い出が蘇ったのでしょう。思い出会の後もMちゃんと30分ほど遊んでいました。その間、親同士早く切り上げてくれないかなぁ・・・と言う感じで待ってましたが、結局閉館時間まで遊んでいたって訳です。Mちゃんのお母さん、引き止めてしまってゴメンなさい。この後行こうと考えていらっしゃった所に行けなくなってしまったようで・・・

 

小学校3年生と言えども、その時楽しいと、時間を忘れて遊んでしまうもののようです。あまり良い事ではないと思いますが、親がある程度スケジュールを調整してあげないといけないのかも・・・

 

こどもの城に興味をお持ちの方は、

http://www.kodomono-shiro.or.jp/index.html

にアクセスしてみて下さい。

渋谷もしくは表参道が最寄り駅です。

今日は娘の小学校の遠足でした。

1~3年生は、電車に乗って広い公園に行ったそうです。

小学校から最寄駅まで歩き、電車に乗って、途中で乗り換えて、目的の駅に着いたら、徒歩で公園に行ったそうです。

 

公園に着いたらオリエンテーリングをしたそうです。

娘は、「のどがからからになったよ」なんて言ってました。

天気が良かったからかなと思ったら、ぼ~っとしている男子に指示を出すのが大変だったとか、娘は班長さんを買って出たらしく、下級生の面倒を見たり大変だったんだって・・・

家での行動からは、娘が皆をまとめているなんて、ちょっと想像し難いですが・・・果たして、あの説明力の無さで、班がまとまるのか?

 

試しに、オリエンテーリングで目的地に着いたら何をしたかを尋ねて見ました。娘の答えは「わなげとか、いろいろだよ」等と言うそっけないもの。

そして、オリエンテーリングの後はお弁当を食べて、その後は学年活動とかなんとか言ってました。

あまりに説明しようとしないので、班長さんを務めるのが大変で、楽しめなかったのかと思ったら、娘は「とっても面白かった」と言うのです。

それで、何処が面白かったんだよ・・・パパにも教えなさいよ!

copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .