ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。

我が家の玄関に、特にこれと言った特徴がある訳でもないけど、生の木を使ったリースが飾られている。

 

女房の手作りクリスマス・リースなのだが、女房が言うには、今度この作り方を教えに行くのだとか・・・

 

女房がこのクリスマス・リースを作る事になった発端は、娘の学校が統合になり、小学2年生まで通っていた学校を壊して、建て直す事になった事にさかのぼる。

 

今、まさに娘が小学2年生まで通っていた校舎が壊されようとしている。

そして、校庭に植えてあった木も殆ど伐採されてしまうらしい・・・

 

そんな中、ただ木が伐採されるのを見ているだけだなんてと、その小学校にお子さんを通わせていた親御さんから声がかかり、女房は伐採した木の枝を使ってクリスマス・リースを作る事にしたそうなのだ。講師を招き女房はリースの作り方を習ったそうだ、そしてその作り方を広めるのだそうだ。

 

小学校の校庭にあり、多くの子供達を見つめ送り出してきたその木が、いまリースとなってクリスマスを彩ろうとしている。

 

私は子の学校を卒業した訳ではないので、それ程感慨深い思いはないが、これを受け取った父兄の中には、きっとご自分の幼少の頃を思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

自分の女房でありながら、彼女の地域社会に対する地道な活動には、頭が下がる思いがします。

スポンサーサイト

今朝娘が我が家のペット文鳥のチイチの餌を交換しようとしないので、「チイチの餌を替えてあげなさい」と注意すると、娘は「だって、チイチが緑色の餌を食べてないんだもん」と言うではないですか。

 

餌を入れてある容器を覗いて見ると、何の種か分かりませんが、緑色の種だけ食べずに残してあり、あとは殻ばかりになっていました。

 

どうもチイチは、この緑色の餌が嫌いのようです。文鳥用シードミックスですから、文鳥が食べない種が入っているはずがないのですが・・・単にチイチはこの餌が嫌いのようです。

 

そう思えば、文鳥の飼育本には、ブロッコリーを食べさせても良いと書いてあるが、チイチは小松菜とキャベツは喜んで食べるが、決してブロッコリーを食べようとはしないんですよね。

 

文鳥にも食べものの好き嫌いがあるようです。

食べるようにチイチを説得する事は不可能なので、娘に餌を交換させましたが、チイチの好き嫌いにも困ったものです。

 

画像は、女房が作った指の輪の中から顔を覗かせる文鳥のチイチです。

10月21日にこどもの城のサタデーラボラトリーで作ってきた手形の事を覚えてますか?

忘れちゃった人は、「2200 手が真っ白 2006-10-21」をご参照下さい。

 

あの手形、真っ白なので汚れないようにと思い、ボール紙を台紙にして、ジッパー付きの袋に入れてしまっておいたんです。

 

しかし、娘がこれを見て「気持悪い!」と言うので見せてもらったら、なんとボール紙は濡れていて、手形には点々とカビが生えているではないですか!

 

女房が言うには、何日か放置して乾いたと思ったから袋に入れたと言うのですが、結構水分を含んでいたのでしょうね。

 

石膏だけならカビが生えたりしないのでしょうけど、何しろ子供の工作ですからね。手を綺麗に洗ってから工作している訳じゃないですから、きっと手形を取る時に手に付いていた汗などが石膏に付着したんでしょうね。

 

これって、カビキラーでもすれば綺麗になるのかな?それともカビキラーをすると石膏は溶けちゃうんでしたっけ?

今日は娘の通う小学校で、10歳のドリームマップの第三弾があったそうです。

 

確か、第一弾はドラ焼き作りだったよな・・・

おや?第二弾の話は聞いてないんだけどなぁ・・・

 

娘に訊いてみたら、第二弾は区役所の仕事の勉強で、公園の設計をやってみたんだそうです。しかし既に娘の記憶が曖昧で、詳細がよく分かりませんでした。

 

そして今日の第三弾は、ゴミ問題を考える。

ゴミ収集車が校庭に来て、清掃局の方とゴミ問題について考えたようなのですが、そのゴミ収集車は、ゴミを入れるコンテナ部分の側面が透明になっており、中の様子が見えるのだそうです。

収集したゴミを捨てる時には、奥の壁面が移動して、ゴミを押し出す構造になっているそうです。

私はてっきりダンプカーの荷台のように傾く仕組みになっているとばかり思っていました。

 

それでゴミ問題について、どんな事が分かったの?

レポートを見せてみてよ・・・

 

何々・・・ゴミ問題はどこにでもある・・・

ゴミ収集車の仕組みに感動するあまり、肝心のゴミ問題については、理解が不十分のようです。

 

ゴミの分別とリサイクルとか、ゴミの埋め立て、ゴミの焼却に伴う公害など、重要なポイントをおさえてないのが残念です。

小学生に理解させると言うのがそもそも難しいのかな?

今朝娘はコリラックマのぬいぐるみと一緒に起きてきました。

私にコリラックマの手を見せるので何かと思ったら、そこには百円玉が・・・歯の妖精さん、来てくれてよかったねぇ・・・

 

そんな訳で今日は娘も朝からご機嫌です。

実は、前回の月例テストで間違った問題の直しが済んだら、午後からはリラックマのジグソーパズルをしようと、昨日娘と約束したんです。

 

しかし、昨日はこどもの城に遊びに行ってしまったので、朝の時点でまだ算数と国語の直しが少し残っていたんです。

 

私は午前中、寝室のサッシの窓に結露を吸収するテープを貼るのに、ガラス磨きをして、それから娘の部屋の蛍光灯の交換と、自分のシャツにアイロンを掛けなければならんのです。そして、女房は買い物に出かけました。

 

それで娘は、月例テストを直すべく、塾の自習教室へと出かけて行きました。

 

ところが、もう直ぐお昼だと言うのにまだ娘は帰って来ません。これは月例テストの直しにてこずっているのでは思ったのですが・・・12時20分ごろに、ようやく帰ってきました。

なんとテストの直しは早く終わって、都道府県名のテストを受けてきたのだとか、10問間違えちゃったと悔しそうでしたが、8割くらいできているのだから、好成績なのではないでしょうか?これは都道府県パズルの成果が出たかな?

 

そんな訳で、お昼と食べた後は約束通り、午後1時から娘と女房と私の3人でジグソーパズルをやり始めました。途中、おやつタイムを取ったり、お風呂に入って、夕食を食べてと中断しましたが、午後9時にはなんとか完成しました。

 

スタートから8時間後に完成した訳ですが、おやつにお風呂、そして夕食の時間を除外すれば、実質6時間で完成と言う事ではないかと思います。特徴的なピースが無くなって、なかなか進展しなくなった時には、娘は飽きてしまったのか、かなり効率が上がらない時もありましたが、夕食を食べた後は頑張って完成できた事は、娘が気分転換するのが上手になった証拠だと思います。

 

う~ん、また一つ成長した娘を見たような感じがしましたよ。

こりゃまた、親バカでしょうかね?

昨夜、娘の歯がお風呂に入っている時に抜けたそうだ。

それで、娘は枕の下に自分の歯を入れて眠ったんです。

しかし、私はそんな事は知りませんでした。

 

そして今朝、一度5時半に目が覚めたものの、今日は休日ですし、もうひと寝入り、次に目が覚めたらもう7時になってました。

こんなに長く寝ていたのは一体何ヶ月ぶりだろうと言うくらいです。

 

そしたら、娘がなにやら朝から騒いでいました。

昨日抜けた歯が、そのままになっていると・・・

 

皆さんご存知ですか?

トュースフェラリーと言う歯の妖精がいて、子供が抜けた歯を枕の下に入れて眠るとコインに交換してくれると言うのです。

そして、今まで娘は自分の歯が虫歯にならないよう注意して、綺麗な歯が抜けたら枕の下に入れて寝ていたんです。

そして翌朝には、必ず百円玉に変わっていて、それを貯金していたんですね。

 

女房がなんとかなだめて、今夜もう一度枕の下に入れて寝る事に下のですが、1日古くなってしまった歯でも交換してくれるとかと、娘は心配している様子です。「交換してくれなかったら、ママの財布から百円もらうからね!」と言って寝ました。

 

そうじゃないでしょ。寝る時の挨拶はおやすみなさいでしょ。

昨日音楽会があり、祭日にもかかわらず学校へ行った娘は、今日振り替え休日です。

 

音楽会を見に行った私は、今日休みの訳がありません。ハイ、会社へ行きましたよ。

 

それで休みになった娘が何をしたかと言うとですね。

美容室に行ってカットしてもらって来たんだそうです。

Chieはお洒落だねぇ・・・

私も以前は美容室に行っていたんですけどねぇ・・・

今はすっかりオヤジとなってしまったので、床屋で十分でしょと言う事で、理容室に行ってます。

 

そして、娘にはもう一つ重要な予定があったのです。

その感想を訊いてみると・・・

「今までで一番痛かったよ!」

だ、そうです。

 

なんだか、分かりますか?

そう、インフルエンザの予防接種ですね。

今年こそは流行しない事を望みます。

今日は勤労感謝の日だと言うのに、娘の通う小学校は休みじゃないんですよ。今日通学して、明日から3連休にするんですって・・・

 

何故かと言うとですね。

今日は、音楽会の保護者見学会があるんですよ。

 

今日はお休みなので、私も音楽会を見に行って来ましたよ。

 

娘達4年生は「Nippon」をテーマにした歌唱合奏。

日本の四季を歌った様々な曲をメドレーで歌ったり演奏したり。

写真は娘がピアニカを演奏しているところ、他の子と比べると娘はピアニカを高く構えて顎を上げるようにしているので、顔も良く見えるし、首を曲げていない分、大きな音で演奏できているのではないかと思います。

 

しかし、4年生の前に太鼓クラブの演奏があってね、これが結構迫力あったので、娘達の歌唱合奏は、ちょっと物足りない感じがしました。

ソロで歌う事や2部合唱より輪唱などを取り入れた方が厚みがでるように思うのですが、ゆとり教育のせいで練習時間があまりなくて、そこまで行かなかったのかも?

 

娘と女房はお風呂でアルトとソプラノに別れて輪唱してたのになぁ・・・

2006年11月23日、今日は3年に一度開催される音楽会の日。

 

つまり前回は、小学1年生の時でした。

思えば、幼稚園でもピアニカを演奏した娘、小学1年生の時もやり、そして小学4年生になった今も、演奏した楽器はピアニカでした・・・

小学校1年生の時の記事については、

2003年11月15日 ただただ一生懸命に演奏、でも去年より成長したのでは? をご参照下さい。

 

楽器の演奏はピアニカでしたが、娘達小学4年生の今回のテーマは「Nippon」でした。

日本の童謡などを手遊びなども交えて紹介したり、二部合唱すると言った感じの内容。

 

音楽会

写真は、ハンディーカムで撮ったビデオからキャプチャリングした画像とデジタルカメラで撮った画像を合成・加工したものなので、粗い感じがしますが、音楽会の雰囲気はお分かり頂けますよね。

実は会社で長期間酷い咳をしている人が居ましてね。

医者に見てもらったらなんと百日咳だと言われたのだとか。

 

百日咳と言えば幼児がかかる病気じゃないのかと思ったのですが、乳児の時に受けた三種混合ワクチン(百日咳・破傷風・ジフテリアの3種のワクチンを混合している事からこう呼ばれているらい)の予防接種の効果は、一生持続する訳ではないと言う事のようです。

 

でも、百日咳は感染症ですから、誰かからうつったと言う事になります。

しかし、その人のお子さんは小学生なんですが、咳をしていないのだとか・・・

一体誰からもらったのか分からないが、私もうつる可能性があるよと脅かされました。

 

確かに、私も40過ぎていて、予防接種の時にできた百日咳の免疫なんて、既になくなっているかも知れませんよね。

 

そう思えば、うちの娘は先天性心臓病だったから、思うように予防接種を受ける事が出来なくて女房が苦労していた事を思い出しました。

 

早速、女房にメールして娘が三種混合ワクチンの予防接種を受けたかどうか確認しました。私が健康保菌者(症状はないが菌を保有している者)である可能性も有り得ますから娘にうつしては大変ですからねぇ。

 

えぇ、娘はちゃんと三種混合ワクチンの予防接種を受けている事が分かり、ひとまず安心。

copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .