ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。

うちの娘、夏休みになってから、「小学生の環境活動自己診断」なる表に毎日印をつけています。

 

どんな項目があるかと言うと、

 

?テレビやゲームをする時間を守れた

?歯をみがくとき水を出したままにしなかった

?クーラーの設定温度は28℃以上だった

?見ていないテレビは消した

?人がいない部屋の電気は消した

?ゴミをきちんと分別した

 

以上の6項目。

 

既に夏休みも10日経過したが、ほとんどの項目に毎日○が付いている。親バカな私にとっては、実に嬉しい事である。

 

一番実行できていないことはなんだろうかと思ったら、それは?であった。そう思えば、娘の部屋のライティングデスクのライト、娘が居なくてもよく点いたままになっているもんなぁ・・・勉強していてちょっと休憩のつもりが、長くなっちゃうんだろう?部屋を出るなら消さなくちゃね。

 

えっ?パパは使ってもいないのに、パソコン立ち上げっぱなしだって?

こりゃ、失礼致しました。以後、気を付けます。

スポンサーサイト

昨日は突然の雷雨があり、その時に突風が吹いて、ベランダの壁に取り付けてある棚に置いてあった朝顔の鉢が落下して、鉢が粉々になってしまいましたからねぇ・・・

 

今日も警戒して、危なそうな鉢は下に下ろして会社に出かけました。

と、言うのも、今日は娘が一人でお留守番をする日だったからです。

 

割れた鉢を片付けるのは、ちょっと危険ですからね。

会社に着いてから、暫くする遠くで雷の音がしていましたからね。

下ろしてきて正解だったと思ったんです。

 

で、会社から帰って来て、娘に聞いてみると、やはり我が家の付近は凄い雨だったそうです。

ところが、女房が洗濯物を干して出かけたそうで、娘は雨がベランダに吹き込む中、なんとか洗濯物を家の中に取り込んだそうです。

 

なんて偉い娘なんですかねぇ・・・ママに言われなくても、ちゃんとやってくれてますよ。私の綿パンだってちゃんと畳んであります・・・おゃ?なんだかちょっと湿っぽいような?取り込むのにちょっと手間取ってしまったようですな。

 

ところで、画像は昨日(7/29)に荒川自然公園の中になる池で撮影したハスの花です。

昨日、娘は初めて個別指導の塾に行ってきました。

個別指導の塾は、連絡ノートもあり、父兄と連絡を取り合いながら、きめ細かい指導をしてくれるようです。

 

そして、宿題をもらって帰ってきました。

今日も個別指導の塾に行く予定になっているので、昨日までにある程度終わらせておかないと、今日は遊びに行く時間は無くなってしまいます。

 

それで娘は朝6時から1時間くらい掛けて宿題をやったのですが・・・

朝食の後、宿題のプリントを見せてもらったら、まだ1/4くらいしか終わっていないじゃないですか!

 

なので、「そんなんじゃ、今日は何処にも連れて行ってあげる事はできない!」と娘にはっきりと言ってやりました。

そしたら、娘は半べそをかきながら、女房に手伝ってもらって宿題やってましたよ。

 

9時半過ぎになり、ようやく宿題も終わったと言うので、約束していた「荒川自然公園」に娘と出かけて来ました。

 

実は、オオムラサキ観察園の最終公開日が今日だったんですよ。

娘は、国蝶であるオオムラサキを図鑑で見た事はあっても、本物を見た事は無かったんです。実は、私も本物を見た事が無かったので、是非見たいと思っていたんです。

 

そして、観察園で思いもよらない幸運な事が・・・ご覧下さい。

娘の手に止まっているのが、国蝶オオムラサキですよ。

今日は、午前中にピアノの練習、午後からは個別指導の塾に行く事になっている娘。その上、学校の飼育係の仕事もある。

 

我が家は朝が早いので、8時半頃に学校に行って飼育係の仕事を済ませて、それからピアノ教室に行けばよいだろうと思っていたのです。

 

で、学校に着いて、いざ飼育小屋の中に入ろうとしたら鍵が無いんです・・・所定の場所に置かずに、一体何処に置いて帰ったのだろうと?

ふと、ニワトリ小屋の中を覗き込むと、鍵が置いてあるじゃないですか・・・

 

どうも、昨日当番だった子が、鍵を所定の場所に戻さずに、ニワトリ小屋の中に置いて小屋の南京錠をかけてしまったらしいです・・・

今日は土曜日のせいか、当直の先生は登校していない。

仕方なく、一旦家に帰ってきました。

 

娘は、飼育委員会担当の先生の連絡先が分からないと言うので、仕方なく担任(と言っても産休代行の先生)に連絡しました。

 

ところが先生ときたら、「では、仕方がないので、飼育係は土日はお休みという事で・・・」なんて言うんですよ。

この暑い中、餌はまだしも、水をもらえなければ死んでしまうと思うんですが・・・

 

担任の先生、なんとか飼育委員会担当の先生に連絡を取ってくれました。合鍵があるので、飼育委員会担当の先生が開けてくれるとの事でした。

 

先生、これが道徳の授業だったら、その対応が正しい対応だと思いますか?

 

画像は、お袋が送ってくれたトマト。熟してから収穫しているので、塩をかけて食べても美味しいです。お袋、ありがとう!

昨日は娘に勉強を教えなきゃと思っていたので早く帰って来ましたが、今週は本当に長時間会社で仕事をしていました。

 

月曜も火曜もそして今日も、朝8時前から働き始め、夜8時過ぎまで働いていましたからねぇ・・・突然、依頼された仕事に時間をとられて、いつもやらねばならない事が後回しになっているので、本当はもっと働かなくては追いつかないのですが、限界を感じます・・・

 

この土日で気分転換して、来週はもっと頑張らないといけません。

そう、そう、うちの娘だって、夏休みだと言うのに、頑張って勉強しているんだから、父親が弱音を吐いていては示しが付きませんよね。

夏休み前にあった塾の組み分けテスト、家族でミュージカルを観に行く事を優先したので、娘はテストを受けませんでした。

 

だからと言って、どのくらいの実力があるか分からないのでは困りますから、テスト問題をもらってきて、娘は本当のテストの時の様に時間を計って問題を解いてみたのです。

 

家でのテスト結果をネットで公開されている得点表に照らし合わせると、理科だけは偏差値50を超えているが、他の3教科は偏差値が50以下である事が分かりました。

 

それで、今日娘は女房と一緒に社会のテスト直しをしたそうです。

つまり、間違った問題を女房と一緒にもう一度解いてみたと言う訳です。

 

そして、夜は私と一緒に理科のテスト直しです。

理科で間違えた問題は、光と音についての事ばかり・・・

この手の問題は、実感が湧き難い概念的な問題だけに忘れやすいのかも知れませんねぇ。

 

後、水溶液の問題では、計算間違いで2問も落としてます。

焦らず慎重にと言っても、なかなかそう上手くは行かないですよね。

でも、そう言う単純ミスで合否が分かれるんだから・・・

夏休みに入って、今日も女房、私共にお仕事なので、昼間の時間は娘一人でお留守番です。娘には、子供が一人でお留守番しているのは危ないから、誰か来てドアホンを鳴らしても、出なくていいからと言ってあります。

 

それで、今日は見知らぬおじさんがドアホンを鳴らしても、出なかったそうです。そう、そう、それでいいんです。宅配の業者さんなら、このマンションは宅配用のロッカーがあるんだから、そこに入れておいてくれればいいんですよ。

 

でも、失敗しちゃった事もあったそうです。

 

娘:「パパ、今日ね、

   Chieは普段はしない事を2時間もしちゃったんだよ

   なんだと思う?」

父:「そうだなぁ~、勉強とかピアノの練習とか?」

娘:「そういうんじゃなくて、もっと小さい時にはしていたけど

   今じゃほとんどしない事だよ」

父:「なんだろう?パズルじゃないだろうし・・・」

娘:「じゃあ、降参?」

父:「うん、降参します。答えはなんでしょう?」

娘:「答えは、昼寝で~す」

父:「え~っ、昼寝しちゃったの?夜眠れなくないか?」

娘:「さぁ?それでね。実はその時チイチを出していたんだよ」

父:「じゃぁ、チイチさん、2時間も外で遊んでいたってわけ?

   相当お腹が減っちゃっただろうなぁ・・・」

娘:「それで、目が覚めたら

   Chieのジーパンにうんちがしてあったんだよ~」

母:「何?、洗濯に出したんでしょうね?

   それに、他の場所ではしていないの?」

娘:「一応、他の場所も見て、拭き取っておいたから」

母:「そう思えば、Chieが留守番している間に荷物が届いたのよ」

娘:「Chieが送ったメールの間違い、気が付いた?」

父:「そりゃ、気がついたよ。

   新地ってなんだ?って思ったけど心池だって分かったよ

   でも、土曜日に届くように配達指定したのになぁ・・・」

母:「それがね。どうやって来たと思う?

   一番大きな宅配ロッカーに、包装も何も無しで、

   商品がそのまま入っていたんだから、ビックリよ

   それで、こんな池持って家に帰ってきたら、

   リビングが水浸しよ」

父:「えっ?水浸しって?」

娘:「ベランダの鉢が乾いていたから、

   水をあげようと思ったら、こぼしちゃって・・・」

父:「ハハハ、今日は一杯失敗しちゃったねぇ・・・

   でも、誰でも皆そうやって失敗しながら覚えて行くんだよ

   Chieは一生懸命にいろんな事をしているから偉いよ」

私は仕事が休めないので、娘に付いて行く事が出来ませんでしたが、仕事が休みだった女房は、娘と一緒に「葛西臨海水族園 2007年 夏の科学教室 フィッシュレンジャー ~魚の体アレ?コレ?~」に参加してきました。

 

母:「パパが行ったらきっと大喜びだったと思うよ~」

父:「そう思えば、一人1尾ずつ魚を解剖するんだったよね?

   どう、面白かった?」

娘:「鯵を解剖したんだよ。

   でも、浮き袋を出そうとした時に、つぶしちゃったんだよねぇ~

   とっても、楽しかったんだよ♪」

 

おぉ~、鯵を解剖して、スケッチしてますよ。

あぁ~、会社が休めればなぁ~

 

ちなみに、女房は魚の内臓を取り出すのは苦手で、大体私が魚料理当番になります。そんな時、娘はよく手伝ってくれるんですよ。

 

 

我が家のベランダで飼っていたメダカさん達、たしか10匹いたはずなのですが、何故か4匹しかいないんですよね。知らないうちにお亡くなりになっていたようで・・・

 

毎日娘がちゃんと餌をやっているのにねぇ・・・

なんて言っていたら、娘に「メダカは1年しか生きないんだからしょうがないよ」と慰めてくれました。

 

そんな私を不憫に思ったのか、娘は夏休みの間面倒を見る人がいないからと、学校からメダカを2匹引き取ってきたんです。

 

それで、我が家のベランダで飼っていたメダカさん達と同居させる事になったんです。

 

娘が言うには、1匹はまだ小さなメダカなんだとか。

それで、私はその小さなメダカとやらを見つけようと、じっと水面を見ていたんですよ・・・う~ん、10分くらいは見続けていたかも・・・

 

居ましたよ、体長僅か2mmくらいのヤツが!

早速見つけたと娘に報告すると・・・

「えっ!Chieの連れてきたのはそんなに小さくないよ。2mmじゃ稚魚じゃないの?」と言うではないですか!

 

それで、娘もベランダに出て確認です。

本当に稚魚が1匹だけ居るって事になり、成魚と分離しないと食べられちゃう危険があるとの事で、捕獲作戦が始まりました。

 

稚魚の魚体を傷つけない様に捕まえるには、網は使えません。

まずは、ガラス瓶を近づけて、周りの水ごと瓶の中に入れようとしましたが、これは大きすぎて上手く操作できないと断念。

 

女房がプリンの容器を使って挑戦して、ようやく捕まえました。

捕まえたのは良いけど・・・手ごろな水槽がありませんよ。

う~ん、暫くはバケツに入れて、ブルーベリーの鉢のそばにでも置きますかねぇ・・・水温が暑くなり過ぎなければ良いのですが。

皆さん、今日が何の日かご存知ですか?

7月の第4日曜日と言えば・・・

なかなか出てきませんよねぇ・・・実は、私も知りませんでした。

今日は、http://www.oyako.org/jp/の日なんだそうです。

 

と、言う訳で、夏休み2日目の今日は、北区飛鳥山博物館に行ってきました。

この博物館では、昨日と今日の2日に分けて、夏休み わくわくミュージアム「体験ピンホールカメラを作ってキミだけの夏を撮ろう」と言う講座が開催されていたんです。

 

身近な物を使ってピンホールカメラをどうやって作るのだろうと思っていたら、そうではなくて、市販のキットを使って作る講座でしたが、それだけに、これはバッチリ撮れそうですねぇ。

 

ちょっと迷う事も有りましたが、博物館の学芸員の方の説明に従って作って行くので、なんとか完成しましたよ。

 

フイルムを巻く部分はプラスティック製ですが、他はほとんど紙製です。

どうですか?パッと見た目、これが紙製だなんて思わないでしょ?

 

露光時間が数秒必要と言うのが欠点ですが、これを生かして面白い写真がとれると良いのですが・・・

 

そうそう、参加費はたったの\980でしたから、このカメラの代金しか払ってませんよ。博物館の方々に感謝です。

 

ピンホールカメラ、夏休みの自由研究にしたいって方は、

http://sha-ran.co.jp/index.htm

にアクセスしてみてね。

東急ハンズでも手に入るみたいです。

copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .