ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。

今日は久しぶりに家族が起きている時間に家に帰って来ました。

今日の夕食はおでんだと言うので、久しぶりに(第三の)ビールを飲みました。

 

疲れているだけに、第三のビールでも、酔いが回りますねぇ・・・

ふと、隣を見ると、娘が勉強しています。

図形を見て角度を答える問題です。

 

どうやって答えを求めたら良いのか分からないようなんです・・・

と、言うより忘れちゃったのだと思います。

 

問題文には、ひし形ABCDがあり・・・

と書いてあるので、色々な補助線が引いてあって複雑な形に見えるけど、一番外側の四角形はひし形って事です。

 

ひし形と平行四辺形の違いって分かりますか?

平行四辺形とは、四角形のうち、向かい合った辺が何れも平行な四角形。そして、平行四辺形のうち、四辺の長さが等しい物がひし形ですよね。

更に、ひし形のうち、四つの角の角度が等しいものが正方形なんですよね。

それが分かれば、この図形の中に沢山の二等辺三角形が隠れている事が分かり、簡単に角度を求める事ができるのです。

 

図ばかりを見ていないで、問題文をしっかり読んで、描いてある図形が何かを把握しねきゃ駄目ですよね。

スポンサーサイト

会社が引っ越してからと言うもの、有楽町が通勤経路から外れてしまったおかげで、すっかり例の家電量販店に立ち寄らなくなってしまいました。そもそも、残業の連続で、会社の帰りに立ち寄る気分になれないです。

 

でも、昨日電気ひざ掛けが故障してしまったので、買いに行かなきゃならないなぁ・・と思っていたんですよ。でも、休日にわざわざ有楽町に行くのは面倒だから、家の近所のディスカウントショップとかで調達すればいいかなぁ・・・と思っていたんです。

 

私のそんな考えに危機感を感じたのか、今まで毎月の様に何かしら購入していたのに、ぱったりと来なくなった事に危機感を感じたのか、その家電量販店さんから、お得意様限定クーポン券が届きました。

 

こう言うのが届くと、どうせ買わなきゃならないし、折角だからクーポン券をくれたお店から買おうかなぁ・・・って思っちゃいますよね。

買いたい物が無ければ、無理に買おうとは思いませんが、買いたい物が有る時には、たった1枚のクーポン券引き換えの葉書が魅力的に見えるものですねぇ・・・

 

総額15万円相当なんて書いてあるけど、電気ひざ掛けを買ったら、一体いくらお得なんですかねぇ?15万円お得になるには150万円の買い物をしなければならないとしたら、10%ポイント還元と同じですよね。

もし、クーポン使ったら、ポイントは付かないとしたら、ポイントが現金値引きに変わっただけだったりして・・・

昨日の夜、うっかり加湿器を切る事を忘れて寝ちゃったんです。

 

でも、普通に考えれば、湿度がある程度高くなれば運転を停止してくれるし、水が無くなれば同じく運転を停止しますから、問題は無いはずだったのですが・・・

 

ところが、私が朝起きてみると、リビングに水溜りが!

どうも、加湿器の底の辺りから水が漏れ出ているようなのです。

 

おかげで朝から拭き掃除をする破目になっちゃいましたよ。

そんな事をしていたら娘が起きてきて、電気ひざ掛けを使おうとしたらスイッチが入らない・・・

 

なんだか今日は色々な物が壊れてしまう日です。

加湿器の方はサービスセンターに連絡したら、状況を確認したいから、代替器を持って引き取りに来るとの事でした。

普通では考え難い故障なんでしょうね。

娘がお腹が痛いとか言っているので、これはピアノの練習が大変だからだろうと思っていたんです。

 

塾は今月一杯で辞めちゃうので、週末のテストを気にする必要もないし、学芸会はもう終わっちゃいましたしね。なにもプレッシャーを感じる事なんてないように思うんですが、娘が通っているピアノ教室の発表会っていうのが残っていて、先生に毎日3回練習しなさいとか言われているが、ここのところ2回しかしてないし、今ひとつ上達していないから、先生に合わせる顔がないのかも?しかし、毎週土曜日に教室があるので、先生に会うにはまだまだ時間があるのに不思議だなと思っていたんですよ。

 

そしたら、女房が何やらゴソゴソと薬を探しているではないですか・・・下痢止めの薬を探しているのだとか・・・えっ?お腹が痛い原因は下痢なの?ひょっとして、TDSで寒い思いをしてお腹の風邪をひろってきちゃったかな?

私達家族が済む地域にも、独自のお土産と言う物があるんですよ。

今済んでいるマンションに引っ越して来てから4年以上経っているのに、、地元のお土産って食べた事が無かったんですよね。

 

それで昨日、娘と一緒に岡安堂さんに行って、買って来ました。

狐のしっぽ

「装束えの木 狐のしっぽ」と言うお菓子なんですけどね。

味は、「小倉」「柚子」「梅」「くりーむ」「こーひー」の5種類あり、1個\105とお手ごろなのも魅力です。

 

お土産用に箱入りのセットもあるのですが、家族で食べるので、「柚子」「くりーむ」「こーひー」を2個ずつ買いました。

 

昨日は、娘と私で、それぞれを半分に切って分け合って食べたんですよね。女房は、土曜日はお仕事ですからね。

こーひーは、ちょっとなぁって感じで、くりーむはありがちなお味・・・柚子はさっぱりとした味で、欲を言えばもうちょっと香りがあればなぁと言う感じ。

 

岡安堂さんのオリジナルのこのお菓子、これは駄目って人は少ない無難な味にまとまっていると思うので、大晦日に狐の行列を見に来た際には、お土産に買ってみては如何でしょう?

 

ところで、残りの3個ですが、今日は女房と娘が半分ずつにして食べたそうです。

 

私ですか?今日は休日出勤だったんですよ。ちなみに娘は最後のYT週例テストでした。成績はまぁまぁとか言っているんですよ。金曜日にTDSでたっぷり遊んで疲れちゃって、勉強が進まなかったんでしょうねぇ・・・

娘は、本当に中学受験する気があるのか、疑問に思ってしまいます。

羊飼いって、神を信じていらっしゃる方が多いのでしょうか?

 

星座を考えたのも、夜、狼から羊を守るために眠る事ができない羊飼いが夜空を眺めて考えたものだと言いますよね。

星座には、ギリシャ神話に登場する神々の姿が多くあると言いますから、彼らは神について良く勉強していたのかも知れませんね。

そんなに勤勉であっても、羊飼いの家庭に生まれれば、将来羊飼いになるしか選択肢はなかったのでしょうね。

 

なんで、今日はこんな話をするかと言うと、実は、娘と一緒に、娘の中学受験の併願校として考えている私立の女子中学校のこどもクリスマス会に参加してきたからなんです。

 

そこで、キリストの誕生についての聖歌を聞いたり、劇を見たりしたんです。娘は特にキリストや神について何か考えさせられたなんて事はないようですが、普段仕事が忙しく、会社の将来を不安に思っている私には、考えさせられる物がありました。

 

宗教とは、人々の心の支えてあると同時に、私腹を肥やそうと考えている悪い人たちに利用される事もありえる不思議な物だと、私は思います。

 

しかし、そもそも信仰と言う物は、神を信じて、神の導きに従い行動する事であり、なにもお金を使わなければいけないものでは無いはずです。

しかし、劇では人を助けるために、お金を与えるシーンが2箇所もありました。これが一体何を意味しているのか・・・悩んでしまうのは、私だけでしょうか?

何とか午前5時半に娘を起こして、TDS(東京ディズニーシー)に行ってきました。

TDLよりは混んでいないと思いますが、それでも凄い人出でした。

到着したらまず、キッズ・ツアーの申し込みをして、その後エレクトリックレールウェイに乗ってポートディスかバリーへ移動。アクアトピアに乗りました。

 

それから、娘をキッズ・ツアーに送り出して、女房と二人でディズニーシーを楽しもうとたくらんでいたのですが・・・

 

ゴンドラに乗りに行ったら、強風のため運行中止で、それなら海底2万マイルだと思って移動したら、こちらはシステム調整中。

なんて運が悪いんですかねぇ・・・

 

仕方がないので、シンドバッド・セブンヴォヤッジに・・・

ここって、人形がシンドバッドの登場人物って言うだけで、アトラクションの構成はイッツ・ア・スモール・ワールドと同じじゃないですか・・・そうこうしているうちに娘を迎えに行かねばならぬ時間が迫ってきたので、直ぐに入れるものは何かないかと・・・そしたら、女房がキャラバンカルーセルに乗るって言うので付き合う事に・・・これってメリーゴーランドなんですよ。

 

キッズ・ツアー

その後、キッズ・ツアーを終えた娘と合流して、マーメードラグーンシアター、マジックランプシアターを見ました。シアターは思ったより楽しかったですよ。それからリベンジと言う事で、再びゴンドラに向かいます。今度は乗る事が出来て良かったです。

 

ここで既に午後4時近くになってましたが、遅い昼食を食べにレストラン櫻に入りました。ここまで、ポッップコーンなどを食べながら空腹を紛らわしてきましたから、レストランで飲んだヴォジョレーは効きましたねぇ・・・まぁ、普段仕事が忙しくて疲れが溜まっているって事も拍車を掛けたかも知れませんが・・・

 

この後はショップを見て周り、キャンドルライト・リフレクションズのショーの場所取りができるまで時間を潰していました。このショーを見るのに1時間ほど前から場所取りしたのに、ショーの時間はたったの10分足らずですし、内容的にも今ひとつで、こんなにしてまで見る必要はなかったとちょっと残念な気分に・・・時間が合わずに他のショーが見れなかったので、このショーに期待し過ぎていたんでしょうね。

 

ショーの後は、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテでピッツァとドリアを食べて帰って来ました。

 

家に着いたら既に10時半を過ぎてました。

いやはや、何とも忙しい一日でしたが、それなりに楽しめました。

小学5年生になった娘、かなりお疲れのご様子でしたが、今回は帰りの電車で寝ちゃう事もなく、なんとか帰って来ましたよ。でも、家に帰ってくるなり、歯を磨いて直ぐに寝てしまいました。

 

朝5時半に起きて夜11時までですから、さすがにきつかったかな?

先生に「ピアノの発表会に向けて、毎日3回練習しなさい」と、言われた娘。

今日も、私が会社から帰って来た時点で、自分で選んだ曲も課題曲も2回ずつしか練習できなかったそうです。

 

夜、2回連続して練習するのが嫌なら、今日は早く寝て、明日の朝練習してはどうかと思うのですが、なんだか眠くないような様子なんです。

 

私に「目覚し時計が鳴った事にすら気が付かないのなら、5時45分にセットするのなんかしないで、起きられそうな時間にしなさい」と言われた娘は、最近は朝6時半に目覚し時計をセットして寝るようになったのですが、それでもなかな起きられない。

 

それで、朝起きる時間が以前より遅くなったので、夜になっても眠くないようなんです。なら、夜勉強すれば良いじゃないかと思うのですが、それもやりたくはないみたいだし・・・塾の成績が不審で今月一杯で辞める事にしたけど、娘は一体いつ勉強するつもりなのだろう・・・

 

勉強しなくても、志望する私立中学に入学できるとでも思っているのか?

 

まぁ、とにかく勉強したくないなら、さっさと寝る事です。

夜10時に寝て、朝6時半に起きるなんて8時間半も寝ている事になるのだから、小学5年生にしては長く寝すぎなんじゃないかって思っちゃいます。

 

そんな事を女房に話したら、「Chieは朝の4時ごろにトイレに起きて、その後また布団に戻って寝るもんだから、その後起きられなくなっちゃうんじゃ?」なんて女房は言うんですよ。なるほど、起きられない原因は2度寝かぁ・・・しかし午前4時じゃ、夏ならまだしも、冬の時期は私も起きる気になれないなぁ・・・

今朝、私がベランダで鉢花に水をあげていると、娘がやってきた。

娘は、メダカに餌をやるために、ベランダに出てきたのだ・・・

 

父:「Chieって明日は何時に起きるつもりなの?」

娘:「半」

父:「半って何よ?何時半なのよ?」

娘:「なんで!いつもと同じ6時半だよ!」

父:「えっ?そうなの?パパもママも出かけちゃうかもよ」

 

実はですね。3連休の初日である明日は、ず~と前からTDSに行く事にしているんです。健康保険組合に申し込んで、格安のチケットを手に入れているものですから・・・明日以外の日だと日付変更のための手数料がかかってしまい、割安感が失われてしまうんですよ。

 

でも、娘のこの反応は、TDSに行く事なんてすっかり忘れちゃってるみたい・・・何しろ、女房も私も忙しくて、何も準備できてないですからね。

 

で、私は会社へ行きましたが、女房は夕方からしか仕事が入っていないので、昼間は明日の準備です。

女房からのメールによると、朝6時37分発の電車に乗るスケジュールになってます。

あぁ、Chieが朝6時半に起きたんじゃ、到底スケジュール通りにいかないよ・・・

私が会社から帰ってくると、たどたどしいピアノの演奏が聞こえてきた、きっと女房が娘の楽譜を見て練習しているのだろうと思ったら・・・

 

おゃ?弾いているのは娘じゃないですか。

なんでも発表会に向けて曲の練習をしているらしいが、課題曲が難しすぎるのか、それとも練習をサボりすぎたのか、なかなか上達しないので、家で毎日3回は練習してきて下さいと言われて、今頃までかかって練習しているらしい。

 

スムーズに演奏できればそんなに時間はかからないのでしょうが、今のところは1回の演奏に15分以上かかってしまうと言うのです。

 

当然続けて3回なんて練習する気になれないから、途中で休憩が入ったりするので、1時間も練習している破目になっちゃうんだとか・・・

 

それなら、朝起きたら1回目、学校から帰って来たら2回目、夕食後に3回目と言う具合に一気にやらずに分けてやったらどうなんですかねぇ?

もっとも、それが出来れば、今頃まで練習してないか・・・

copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .