ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
今日は、月末だと言うのに、突然の仕事が飛び込んできて、帰りが遅くなってしまいました。
メールで女房に夕食は要らない旨を連絡して、結局家に帰りついたのは11時半頃でした。
終電じゃなかっただけマシですが、こんな生活、そう長くは続けられません。
勿論、私が帰って来たら、女房も娘も寝ていましたよ。
もっと帰れるようにならないかなぁ・・・

朝、寝起きが悪く不機嫌な娘と顔を合わせるだけじゃ、楽しくないですからねぇ・・・
スポンサーサイト
娘のクラスは休んでいる児童が多いので、今日も1,2時間目の授業は無くなったそうで、10時ごろ家を出れば良い事に。

そうなると、ゆっくり寝ていたいと言うのが娘の気持ちでしょう。でも、いつものように会社に出かけなければならない女房としては、普段どおりに起きて欲しい。そして、学校に行くまでたっぷり時間があるのだから、しっかり家で勉強して欲しいと思うものなのだ・・・

女房に叩き起こされてなんとか午前6時に起きた娘だが、学校に行く時間が遅いとなると、やる事がなんでもダラダラになってしまう。結局、チイチのお世話をしているだけで7時になってしまい、女房に叱られる破目になる。そして、テレビを見ながらやっているから、駄目なんだと言われテレビを消されてしまったんです。

私は朝くらいしかテレビを見る事はないし、朝の番組は時間を簡単に確認できるので、出勤前にテレビが消えている事にびっくりして、娘に聞いてみたが、ただメソメソしているだけで返事がない・・・

だらだらやっていたら終いには怒られるって分かっているのに、やろうとしないのは何故なのか?そんなに勉強するのが嫌なら、私立中学に入りたいなんて言わなきゃいいのに、それを娘が諦められないから、親も何とかしようとイライラしてしまうし、娘もやりたくも無い事をせねばならなくなっている。

公立中学の教育がもっとまともなら、こんな思いをする必要もない。ゆとり教育に失望し、私立中学に進学する事を選択せねばならなくなってしまった現実を政府はどう思っているのやら・・・

経済的に恵まれた家庭で育った子は、塾に通い有名私立中学に進学する。そして経済的に恵まれていない家庭に育った子は、塾に通う事もできずに、低レベルな公立中学に進学せざるを得ないわけです。つまり、政府が目指した教育は、ゆとり教育なんかではなく、格差教育だったんですよ。

子供には平等に教育を受ける権利があるのではなかったのか?
ならば、公立と私立の格差は問題にならないのだろうか?
先週の金曜に発熱してから昨日まで学校を休んでいた娘ですが、昨日熱が高くなる事もなかったので、今日から学校に行くことにしました。

このサイトに訪問下さっている方々には、ご心配を頂きありがとうございました。

ところで娘のクラス、月曜日は8人の児童がお休みしたそうで、今日は1,2時間目の授業が中止となり、3時間目に間に合うように登校してくればよい事になったそうです。

実は、娘が学校を休んでしまった昨日は、学校公開日だったんですよね。
でも、そんなに風邪やインフルエンザが蔓延しているクラスに参観しに行きたくないですよねぇ~
お年玉付き年賀葉書の当選番号の発表が昨日あった。
それで、女房と娘は我が家に届いた年賀状のくじ番号をチェック。
毎年、切手シートくらいは当たっているのですが、それより上は当たったためしが無い。
郵便事業民営化後初の記念すべき年賀状で、これより上の等に当選したいものです!

なんて、期待を寄せていると駄目なものなんですよねぇ・・・なんと今年は1枚も当りが出ませんでした。全部で百枚近くあるのだから1、2枚当選してもおかしくないのに・・・
今日は休日出勤しましたが、仕事は3時半に終わりにして、会社から有楽町まで歩いて行きました。30分ちょっとで歩けると思ったのに、有楽町に到着したのは4時半ちょっと前でした。

で、有楽町のビックカメラでお買い物。
年末にもらったお得意様限定クーポン券の使用期限が今月末できれるんです。
仕事が忙しいので平日はとても行けそうにないものですから。

それで、DVテープ5本とプリンターの黒インクとカラーインクを5%引きで買って来ました。
帰りも定期が効く駅まで歩こうかと思ったのですが、既に5時を過ぎていて辺りは暗くなっていたので断念して、地下鉄に乗って帰って来ました。

私が家に帰り着くと、娘が真っ先に袋を開けようとしたのですが・・・
中身がつまらないものでゴメンね。今回はDSソフトは買わなかったんだよね。だってDSソフトに使えるクーポンはないんだもの・・・
先週、ピアノの発表会で頂いた小さなブーケ。娘が切り戻して剣山に刺して活けてくれました。花瓶に入れて飾るには丈が短くても、水盤に剣山があればまだ飾れますものねぇ。
活花

小学5年生が活けたにしては上手いでしょ?
それとも私が単なる親バカだからでしょうか?
いやぁ~、今朝は寒かったですねぇ・・・私なんか布団の中にいるのに肩が冷えてきてしまいましてねぇ・・・マフラーを肩に掛けて寝ていたりします。きっと肩こりで血行障害になっているのかもしれませんね。

とは言え、いつものようにベランダに出て、鉢花達に水をあげようとしたら・・・
メダカを飼っている心池が張っているではないですか!
氷の張った心池

落ち葉が水面に突き刺さったまま凍ってしまったのでしょうか?
この画像でその様子が伝わりますかねぇ?

そんなわけで、昨日まで寝込んでいたはずの娘まで、ベランダに出てきてが張っている様子を観察です。
いやぁ~、メダカさんの寒さときたら、私の比じゃないですよね。
娘が体調を崩してしまい家で寝ているので、私は休みでも出かける訳にも行かないので、確定申告の準備をする事にしました。

会社で年末調整をしてもらってますが、住宅借入金等特別控除を受けられる金額よりも給与から天引きされた所得税の方が少なかったんですよね。ハイ、所謂ローン地獄ってヤツですね。所得に見合わない住宅ローンを抱えているって事です。

昨年の春の事、住宅ローンの金利固定特約期間が切れ、利益がでる投資信託を売却して住宅ローンを一部繰上返済したのです。実はこの時の利益に対して、9千円ほど所得税を源泉徴収されていたんですよね。銀行から特定口座年間取引報告書が届いたので、この事を思い出したのです。

源泉分離課税ですから、申告の必要は無いわけですが、確定申告すれば、きっとこの時払った所得税も戻ってくるはずと思い、国税庁ホームページにアクセスして、確定申告書を作成してみました。
案の定、投資信託を売却した時に払った所得税は全額戻って来る結果になりました。

嬉しくなって、その事を会社から帰ってきた女房に伝えると、女房は自分の確定申告書も作って欲しいと言うのです。
女房は、給与を2つの事業所から支給されており、年末調整を受けていないので、確定申告しなけらばならないのです。と言っても、フルタイムで働いていないので、たいした収入でもないのですが・・・

女房の源泉徴収票と生命保険の控除証明書をみながら、確定申告書を作成しましたよ。
おぉ、女房も所得税が戻ってくる計算になるではないですか!
あれ?たったの100円ですか・・・作成するのに1時間ほどを要したと思いますが、こんなに小額だと申告する事すら面倒な気がしますが、女房は行かざるを得ない訳ですから、致し方ありませんよね。
今朝になっても高い熱の娘。普段は良く食べる娘が朝食に食べたのは、りんご半分だけ。
そして、またベットで横になっていました。そして昼まで起きる事も無く、昼食もパンを1枚食べた程度でおしまいです。

そして、ベットの中から私に指示を出してきます。
「チイチに薬を飲ませてよ」

チイチさんに飲ませていたお薬も、1日3回飲む薬がお昼でなくなってしまいました。
後は、1日2回飲む薬だけ。もう、飲まなくても大丈夫かも知れませんが、とっておいても仕方がないので、なくなるまで飲ませるつもりです。

自分が病気で寝ていても、チイチの薬の事を忘れない娘。
ペット思いなのか、それとも自分も薬を飲まないといけないので、気が付いただけなのか?
Chieに言われなかったら、普段チイチの面倒を見ていないパパは、薬を飲ませる事を忘れるところだったよ。
今朝も、女房に叩き起こされた娘だが、どうもいつもと様子が違う・・・
熱を測ってみると37.5度の熱がある事が判明。
今日は女房も私も会社に行かねばならないので、学校から呼び出しがあっても娘を迎えに行けないので、学校を休ませる事にしました。

娘は今日、一日寝て過ごしたそうです。
そして女房が会社から帰って来てから、娘を連れて小児科に行き、インフルエンザの検査をしてもらったのですが、結果は陰性でした。先生は予防接種をしているので、反応が出にくいのかもと仰ってました。何しろ、この時娘は38.5度も熱があったのですから・・・

私がパソコンをする横で寝ている娘・・・時々、「熱いよう~」と言っては、また眠りに落ちて行きます。
首にチャピロ(CHAPILO)を付けてあげました。普通なら、首にこんなに冷たい物を付けられたら震え上がるところでしょうけど、平気そうにしているところを見ると、高熱が続いているようです。今夜辺りがピークかもしれませんね。

「チイチがこどもを3羽生んだんだよ」とか言ってますよ・・・文鳥はこどもを産まないからね、産むのは卵だから・・・今、そんな事に突っ込みを入れてどうするんだ?
copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .