ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
ひろりんさんにアドバイス頂いたように、我が家のペット文鳥のチイチさんをケージから出してあげたらいきなり薬を飲ませるのではなく、ちょっと遊ばせてから薬を飲ませてあげる事にしました。

日曜日に薬をもらってきて以来、毎朝、毎晩、薬を飲んでいるのが良いのか、チイチさんも調子が良くなってきたのか、比較的良く動くようになりました。とは言っても、高く舞い上がる事はできないようですが・・・薬を飲む前にテーブルの上をピョンピョンとホッピングするのが楽しいようです。

うちのチイチは、回復してきたようですから、明日で薬を一旦やめて、様子を見てみようかと思っています。

そうそう、上の動物園のパンダは、体調が悪いので公開中止になったかと思ったら、今朝お亡くなりになったんだそうですよね。長年に渡り上野動物園のシンボル的な存在であったパンダがいなくなってしまうなんて残念な事ですが、生き物ですから何れは死んでしまうんですものねぇ・・・
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
昭和の日の今日、飛鳥山公園で「エコロジーキャンペーン北区」が開催されていました。
私はお昼前にちょっと様子を見て、午後からは娘を連れて参加してきました。
エコロジーキャンペーン

この画像は、午前中に行われていた十条富士見中学校の吹奏学部の皆さんの演奏。
スピーカーなどを使わない楽器の演奏は、電気エネルギーを使用しないのでそれだけエコって事なんでしょうか?

ところで、父娘でエコロジーキャンペーンに参加と言っても、何か特別な活動をしたって訳じゃなくて、日頃地球に優しい生活をしているかどうかを診断するエコチェックをしてきただけなんですけどね。

私は最近ウォーキングしているので、近くの公園に行く時には必ずと言って良いほど徒歩ですから、とてもエコロジーだろうと思ったのですが・・・エコと言うのは何も二酸化炭素の排出量だけの問題じゃないんですね。リサイクル活動も重要ですよね。

会場ではアフガニスタンに使い終わったランドセルを送る活動や、アフリカへ毛布を送る活動なんかも行われていました。そして一番賑わっていたのはリサイクルショップですかねぇ・・・これは皆さんが大量消費社会を反省しての行動なのか、それとも相次ぐ値上げで経済的余裕がなくなった証拠なのか、まぁどちらの結果にしてもエコである事には違いはないですよね。
いつもは単に歩くだけ、だからウォーキングな訳ですが、今日はちょっとジョギングしてみようかなと思って、ウォーキングシューズではなく、先日購入したトレーニングシューズを履いて出発しました。

石神井川遊歩道をジョギングしている人は結構いらっしゃるので、自宅からも近いことですし、ここでジョギングするのが良いだろうと思ったんです。

ウォーキングなら1時間20分ほどかかる道のりを、途中ジョギングも交えて1時間以内にと言うのが目標だったんですけどねぇ・・・ジョギングして息が切れたら歩いて、呼吸が整ったらまたジョギングしてを繰り返して一応完走しましたが・・・タイムはなんと1時間15分。ウォーキングと5分しか違わないって、私のジョギングって一体何なんでしょう?ジョギングで息切れした後のウォーキングのスピードが極端に遅くなってしまっているんでしょうね。しかも、走り終わった後、太ももが痛いです。ジョギングってかなり足に衝撃があるものなんですねぇ・・・
石神井川の鯉のぼり

ところでこの画像は、ジョギングコースの途中で見かけた鯉のぼり石神井川の上を泳いでいるんですよ。もう直ぐ端午の節句ですものね。
我が家のペット文鳥のチイチさんのケージには、外付けの水浴び用の容器があったのですが、何故か昨日から撤去されたままになっています。

娘に聞いて見たら、お風呂の水(水浴び用容器の中の水と言う意味)を飲むから外したと言うんです。そう、水を飲むための容器に、先生から頂いた粉薬を溶かしてあるので、これを飲んでもらわないと困るんです。それで、お風呂(水浴び用の容器)を取り付けてもらえないと言う訳です。

チイチさん、水に溶かす粉薬のほかにも、人間で言えば目薬を入れるような容器に液体の飲み薬をもらっています。これを朝晩の1日2回飲ませなければいけないので、今夜は私がチイチさんを捕まえて、娘が薬を飲ませます。

ところがチイチさんときたら、薬が口の中に入ったと思ったら、大きくそして素早く顔を左右に振るものだから、薬がそこら中に飛び散ってしまいました。まぁ、薬を飲ませると抵抗すると言うのは、ある程度元気になったからだとは思うのですけどね。

今日は、私が会社から帰って来て玄関のドアを開けたら、「チッ!チッ!」と甲高い鳴き声で向かえてくれましたから、体調は改善してきていると思います。明日はお休みですから、ちょっと遊んであげましょうかね。
昨日、我が家のペット文鳥のチイチの爪を切ってあげました。かなり、爪が伸びでしまい。止まり木にすら止まり難くなっていたんです。
ところが、その後チイチさんが私の手の上でウンチをしたのですが、なんと血が混じっているではないですか!どうも今日は静かにしていて寝てばかりいると思ったら、体調を崩していたんですね。

年末にもこのような状態になり、獣医さんのお世話になったのですが、換羽期を迎えて羽が抜け始めた事でかなり体力を消耗したのかも知れませんね。

実は、最近暖かくなってきたし、もうペット用の暖房も要らないかなぁ~なんて思っていたのです。
ところが、何故かちょっと羽を逆立てて膨らんでいるなと思ったら、体温が下がっていたんでしょうね。

そこで、久々にハロゲンヒーターを使って、チイチのゲージを暖めてあげました。ハロゲンヒーターの光を浴びれば人間は暑いくらいですよ。しかし、夜寝るまでずっとハロゲンヒーターで暖めてあげてました。そして、私は今朝5時半に起きてハロゲンヒーターを付けて、また暖めてあげました。

そして獣医さんの診療が始まる時間を待って、女房がチイチさんを小さなケージに入れて獣医さんのところに連れて行き、またお薬をもらってきました。

前回もう手遅れだと思うと仰っていた獣医さん。チイチの事を覚えていて下さってまして、「良く持ち堪えましたね」と感心していたそうです。

お薬を頂いたチイチさん、心成しか良く鳴くようになりました。GWの間は良く面倒をみてあげられるとおもうのですが、その後がちょっと心配です。
いつもはお散歩している王子・駒込間のルートですが、今日から北区コミュニティーバスの運行が開始されたので、私も乗って見る事にしました。
初日とあって、乗りたい方が多かったらしく、十数席しかない小型のバスは満員で、お年寄りの方も大勢いらっしゃるので、座る事は出来ませんでした。

王子駅前(北とぴあ前)から駒込駅まで約30分ほど掛かり到着。はっきり言って、私が歩いて行くより5分程度早く到着しましたが、大した違いはありませんでした。

さて、この後は六義園へ、私は年間パスポートを持っているので、並ばずに入園。
とは言っても、藤代峠にあるツツジのトンネルは大人気で、凄い行列・・・
六義園ツツジのトンネル

並んでいらっしゃる方の大半がご年配の方で、子供は並んでいないのは何故なんですかねぇ?
お子さんは、池に向かって鯉の餌をまいているみたいですね。

と言う訳で、満開のツツジを楽しんできました。そして帰りはバスに乗らずに歩いて帰りました。
午後、娘が塾に出かける時に、私も一緒に家を出てお散歩に。
途中、宝くじ売り場に立ち寄って、初めてBIGを買ってみました。
まったくサッカーが分からない私ですが、totoと違ってコンピューターがランダムに勝敗を予想してくれると言うので物は試しに3枚だけ購入。各試合の90分間での結果が全て当たるとはとても思えませんが、1等が出る事があるのですからすごいですよね。

そうそう、今日は旧渋沢庭園を散歩して、飛鳥山公園を散歩して、音無親水公園を散歩して、石神井川遊歩道を散歩して帰ってこようと思ったのですが・・・

音無親水公園を散歩しているところで雨が降ってきてしましました。
なんとも残念ですが、雨が強くなっても困るので、帰る事にしました。
都電と飛鳥山の躑躅

写真は、雨が降ってくる前に撮影した都電飛鳥山公園のツツジです。
せり出したツツジの下を通れる歩道って、珍しいのではないでしょうか?
飛鳥山の躑躅越しに見た都電

そしてこちらは、飛鳥山公園側からツツジ越しにみた都電です。
ここで一句。

桜散り
花はみずきの飛鳥山
躑躅を超えて
見る都電かな

無理に花水木を織り込もうとしたのは失敗でしょうかねぇ?
お粗末でした。
北区植木市で買って来た藤の木。
買って来たばかりの時はつるは伸びてはいるものの、蕾は固く、娘に「紫色に塗ってあげたくなるねぇ~」なんて言われていたのですが、只今見事に咲いてます。

先日ベランダの棚から落っこちて枝が折れてしまい不恰好になってしまったツツジの木も、満開を向かえようとしております。
ベランダの藤と躑躅

GWに遠出の予定がない我が家にとっては、ベランダに花が咲いているのは嬉しい事です。
GWは普通の休日同様にお散歩して、家でのんびり過ごす事ができればそれで幸せかなって思ってますが、1日くらいは休日出勤しないといけないかも?

そして娘は塾で特別講習があります。合格して来年は何処かに旅行にでも行けるといいねぇ~
今年の4月は例年に無く雨が多かったと思いませんか?
まるで梅雨の時期じゃないかと思うくらい、折りたたみの傘を持ち歩かないと安心できない毎日だったんじゃないでしょうか?

せめて休日ぐらいは晴れて欲しいものですが、私が休日にお散歩している途中に何度雨に降られて折りたたみの傘を使う羽目になった事か・・・
そして雨だとお散歩の目的地である公園や神社に到着しても、どうしようも無かったりするんですよね。単に雨宿りしていても楽しくないですし、悪天候の中じゃ綺麗な写真も撮れやしない訳です。
雨の中でも唯一良い感じの写真が撮れたのは、浮間ヶ原桜草圃場で撮影した浮間野生という桜草の写真くらいじゃないでしょうか?

このブログにも掲載してありますから、ご覧になってみて下さい。湿地帯を好む桜草は、雨の中で生き生きとしている様にも見えますよ。

それから平日はと言うと、朝降っていないからと折りたたみの傘を持って出かけたら、会社の最寄り駅で降りたら結構降っていてびっくりしたり、家に帰る時には土砂降りだったなんて事もありました。
そうそう、登校班の班長になった娘が始めて新一年生を学校に連れて行かなければならなかった日は朝から雨で、娘もとても気疲れしてました。

本当に雨が多くて嫌な4月だったよねと女房に話したら、なんと女房はそんなふうに考えてはいませんでした。

なんでも、雨のせいで花粉が飛ぶ日が少なく、しかも雨が花粉を洗い流してくれるので、去年の3倍の花粉が飛ぶと言われていたにも関わらず、花粉症の症状がそんなにきつく出る事もなく、楽に花粉症の季節を乗り越えることができたと言うじゃないですか!

花粉症とは無縁の私には、まったく予想だにしていなかった感想を持っていたのです。
昨今の異常気象、いっその事花粉症の季節を梅雨の季節にしてしまってはどうでしょう?
そうすれば、桜と紫陽花が同時に楽しめるかも?
なんて呑気な事を言っている場合じゃないですよね。マジにそんな事になったら日本の四季の自然美はどうなってしまう事でしょう・・・

そして、只今の多摩川水系貯水池の貯水率は80%、利根川水系のダムの貯水率は88%、荒川水系ダムの貯水率は、90%に達しています。これで梅雨の時期に大雨が降ったら、洪水になってしまうんじゃないでしょうか?何しろ荒川貯水池の貯水率は只今100%ですから、雨が降ったらそのまま垂れ流す以外に方法がありません。

今年は水害に注意しないといけないんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?
揮発油(ガソリン)税暫定税率問題、後期高齢者医療制度問題やチベット人権問題など政府には対応に苦慮する問題が山積していると思いますが、治水対策を水道局任せにしておいてよいのでしょうかねぇ?

そうだ、揮発油税暫定税率と後期高齢者医療制度については入試問題になりそうだら、娘にも教えておかなくちゃね。これに衆議院と参議院の法案の議決に関する役割の違いが関連付けられた問題がでそうですよね。
そろそろ新一年生も学校生活にも慣れてきたし、一緒に登校する上級生ともある程度仲良くなって着ている事でしょう。最初のうちは新一年生に気を使って通学していたので、あまり気にならなかった事が、引率する側も要領が掴めてくると不満が出てきたりするものです。

通学班の班長をしている娘も最初のうちは、「新一年生が皆にちゃんとついてこれるか心配だから・・・」なんて言っていたのが、最近は「新一年生って歩くのが遅いんだよねぇ~」と言う表現に変わっている。多分新一年生が歩く速度は変わっていないのでしょうけど、最初はついてこれるか心配していたのに、今は遅いと不満を述べるようになった訳です。

まぁ、歩くのが速くなってくれないと、いつまで経っても通学に時間がかかって仕方ないですからねぇ。そう思えば首都圏の通勤電車もそうです。どうしても4月と言うのは通勤になれない新入社員が通勤するものだから、電車が遅れてしまいがちになります。階段に近い位置から無理に乗らずに、少しホームを歩いて乗る車両を変えるだけでも、幾分かスムーズに電車が出発できるようになるんですけどね。

まぁそんな訳で、娘は「新一年生は歩くの遅いよねぇ~」と、他の通学班の班長さんに話しを振ったそうだ。そしたら、その子の班の新一年生は兵(つわもの)だったらしく「うちの班の新一年生なんて、学校に行きたくないって言って、道端に座り込むんだよ」と返されたそうです。

こりゃ、笑い事じゃないですね。私も女房も口をそろえて、「それなら、校外役員さんに報告しなくちゃ」と言ってしまいました。それじゃ、その班の子が皆遅刻しちゃいますよ。それにしても座り込みとはねぇ・・・
copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .