ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
娘のクラスでは、都道府県と言う物を理解していない人がいるらしく、北海道を北海道県と書いた人がいたんだとか・・・

そして私が、「1都1道2府43県」と言うふうにして都道府県の数を覚えたものだと言うと、娘はそんなフレーズは聞いた事が無いと言うような顔をしていた。
そこで、娘に1都、1道、2府はそれそれどこか聞いてみました。
娘は全て正しく答えてくれました。まぁ、出来てあたり前と言えばそうなんですが・・・

しかし、県名って結構漢字で書けなかったりしませんか?
それは、漢字が苦手な私だけでしょうかねぇ?

実はこれも娘に問題を出して、書いてもらったのですが、娘はどの県も正しく書いてました。
沖縄県・滋賀県・岐阜県・愛媛県・・・
上記の4県は、普段パソコンばかり使っている私には、書く事が困難なんですけどねぇ・・・

逆に娘に県庁所在地を漢字で書けるかと言われて、問題を出されてしまいました。
まずは、那覇市・・・

ハイ、正しく書く事が出来ませんでした・・・父親としての面目がぁ~
この後、娘が女房と一緒に社会の勉強を始めた事は言うまでもありません。
スポンサーサイト
今日は、晴れていたら娘と一緒に荒川自然公園に行き、もし雨が降っていたら休日出勤しようと思っていたんですが・・・

日頃の行いが悪いせいか、私が朝5時に目を覚ますと、既に雨が降っているではないですか・・・
仕方がないので、休日出勤してきました。7月に入ると日曜日はテストがあるので、なかなか出かけるチャンスがないので、今日行っておきたいところでしたが、雨では仕方がありません。

まぁ、今日はそれでも早めに仕事を切り上げて、家に5時過ぎには帰ってきましたよ。
そして、ベランダに出てカタツムリ探しです。
女房が撫子のプランターのところに沢山いると言っていたので、今日は一日中雨だから、大勢活動しているのではないかと思いましてね。

娘も勉強の手を休めて、私のカタツムリ探しを手伝ってくれました。

でもねぇ・・・見つけられたのは、ほんの数匹だけでした。しかも殻の直径が2mmくらいしかない凄く小さいカタツムリだけ。もしかして、カタツムリって、暗くなってきたら活動しないんですかねぇ?
金曜日にお袋が玉葱とじゃが芋を送ってくれると電話で女房に連絡があったのですが、予定通りに土曜日に届きました。

お礼の電話を入れると、「取立てだすけ、箱から出して、ちっと干しておかんばねんよ」と言ってました。新潟県下越地方の方言じゃ、理解し辛いと思いますので標準語になおしますと「取立てですので、箱から出して少し干しておかなければいけませんよ」と言う事になります。
実家から送られてきた玉葱とじゃが芋

箱から出してといわれても、段ボール箱一杯に入った玉葱とじゃが芋を広げて置く様な場所ないですよ・・・仕方がないのでベランダで箱の蓋を開けて水分を飛ばす事にしました。
カビが生えたりしたら嫌ですからねぇ・・・ところが今日は朝から雨ですよ・・・今度はいつ干せるかなぁ?

あっ、頂いた芋は、早速昨日の夜、ポテトサラダにして頂きました。
新鮮な芋は美味しいねぇ~、お袋、いつもありがとう!
朝から空はどんよりとしていますが、雨は降っていないので、お散歩に出かける事にしました。

実は、我が家のペット文鳥のチイチさんの粟穂(アワホ)を止めるために使っていたケージピンチが壊れちゃったんですよ。それで、赤羽にあるペットショップまでお散歩して、買い物して帰ってくる事にしたんです。新聞折込広告を見たら、ユニクロでTシャツなどのバーゲンをしているって言うし、こういう衣類は消耗品のようなもので、1回着たら洗濯するので傷みが早いですから、安く買うに越した事はないですからね。

そうそう、娘が写生会の時に王子稲荷に行ったら紫陽花の花が沢山咲いていたと言っていたし、赤羽に行く途中にあるのだから寄って行こうと思い立ち、王子稲荷に・・・

6月末と言えば、どこの神社も夏の祓を実施していると思います。ここ王子稲荷にも「夏の大祓祭」の看板がかかげてありました。お祭りと言っても、特に境内に屋台が出ている訳でもなく、紫陽花の花を見ている人がチラホラいる程度でした。

王子稲荷の紫陽花は、殆ど鉢植えなので、飛鳥の小径の様な壮観さはありませんが、手入れが行き届いているのか、バランスが良い感じがしました。何しろ鉢植えですから、移動できますものね。

そして、社務所の前を通って、お狐様の祠(ほこら)の方に向かうと、地植の紫陽花も沢山ありました。ふと見ると、古井戸に錆(サビ)付いたポンプがあり、その背後には古びた石灯籠が・・・
王子稲荷の古井戸と錆付いたポンプと紫陽花

なんだか、私が子供の頃に見ていた風景のようで、まるで昭和時代にタイムスリップしたかの様な感覚に陥ったのは、私が年を取ったせいなんでしょうか?

今日のしっかり歩行は、71分8,121歩でした。
会社で残業をしていると、女房からメールが届きました。
そのメールを見ようと私のPHSを触ると、なんとハングアップしてしまいました。
私のPHSは、Windows Movileを搭載している関係上、時々古いパソコンのように固まっちゃう時があるんですよ・・・

実は、メールの件名が「新潟の実家から連絡がありました」となっていたのですが、私の母方の祖母はもう101歳で、もう十年近くも入院生活をしているんです。今年に入って流動食も受け付けなくなり、点滴だけで栄養を取っている状態だと聞かされていたので、まさかと思ったんです。

とにかくPHSのリセットボタンを押して電源を切り、起動しなおしてからメールを確認しましたよ。
メールを見たら何の事はない、お袋からじゃが芋が豊作だったので送ってくれるとの連絡があったとの事。

一瞬、ドキッとしましたが、不幸の連絡じゃなくて良かったです。
お袋!パソコン使えないから私のブログを見ている訳もないけど、届くの楽しみにしているよ。
夏休み中に日光高原教室(就学旅行)がある6年生は、只今クラスで修学旅行の計画などを一生懸命練っているようです。

しかし、私の娘の班は一体何を話しているんですかねぇ・・・
今日は何故か日光の怖い話しになってしまったそうで、クラスメイトのTちゃんは、「日光高原教室で夜中にトイレに行きたくなったら、みんなを起こすからね」と言ったそうだ。これは、もう怖い話をしないでくれと言う意味なのか、それとも実際に夜中に目が覚めたら、みんなを起こすと言う、言葉通りの意味なのか分かりませんが、もし言葉通りの意味だとしたら、迷惑な話ですよねぇ~

大体、自分が夜中にトイレに行かなくても良いように、寝る前にトイレに行っておけって感じでしょう?
もう6年生なんですからねぇ・・・それに、お寺の境内で寝泊りする訳じゃないんですから、夜中と言えども旅館の廊下が真っ暗なんて事はないでしょうし、何も怖いことなど無いと思うんですけどねぇ・・・

で、一体今日は日光高原教室については何が決まったんですかねぇ?
他に娘が何も言わないところをみると、夜中に目が覚めたらみんなを起こすと言う事が唯一の合意事項だったりして・・・まさかねぇ?
今日は、久しぶりに娘の作品を紹介しますね。

もう、小学6年生にもなってしまいましたので、娘もネットで自分の作品が紹介されちゃうのは、ちょっと恥ずかしいようですが、公開されると思って手を抜かずに作ってもらわないとねぇ・・・学校の授業で出来れば良いみたいな考えて取り組んでもらっても困りますからね。
クネクネアート

娘にこれは一体なんなのかと訊いたところ「クネクネアート」と言う物だそうです・・・私にはこの作品の芸術性がいかほどの物か分かりませんが、左右のバランスが取れているようにみえるのが不思議です。それで、これが一輪車に乗っているかの様に見えるのは私だけでしょうか?

ところで、女房はこの作品を何処に飾ろうかと迷ったあげく、玄関に飾る事にしたそうです。娘の作品の上にあるのは、根津神社で授かった粽(チマキ)です。これは食べられる粽じゃなくて、あくまでも厄除けです。

つまり、玄関に飾ると言う事は、邪気の侵入を防ぐアイテムと言う事になります。
なるほどぅ~、娘の作品も両手を広げて侵入を防いでいるかの様にみえますなぁ~
今朝、女房に言われて気が付いたのですが、我が家のベランダに小さな糞が散らばっているんです。
それが、ちょうどツツジの植木鉢の真下あたりに集中しているんですよね。

これはきっとシャクトリ虫じゃないかと思って、探してはみたのですが、見つからなかったんですよね・・・一般的に蝶の幼虫はツツジの葉なんか食べませんから、蛾の幼虫だろうと言う推測です。
ハイ、シャクトリ虫は成長すると蛾になるんですよ。ご存知でしたか?

ジロジロと周辺まで見渡していたら、ベランダの手摺に所にてんとう虫の幼虫がお散歩していました。どうやら、アブラムシを食べつくして、他の植木のところに移動しようとしているようです。アブラムシが付いたからと言って消毒するより、てんとう虫に食べてもらった方が自然に優しいってもんですからね。そうそう、アブラムシを食べる種類のてんとう虫は、成虫だけではなく幼虫もアブラムシを食べるんですよ。ご存知でしたか?

それで、今日は会社がお休みの女房は、なんとしてもシャクトリ虫を見つけようと、度々ベランダに出ては、植木とにらめっこしていたそうです。そしたらですね。我が家のベランダにトンボさんがいらっしゃったそうです。
ベランダに来たトンボ

トンボさんも小さな虫を食べる昆虫ですから、我が家のベランダには、かなり沢山の虫が居るって事ですよね?

で、問題のシャクトリ虫ですが、女房がなんとか見つけてくれました。
可愛そうですが、シャクトリ虫は飼いたくありませんから、おさらばさせて頂きました。
アゲハの幼虫なら飼ってもいいんですけどねぇ・・・
何でも、今日と明日は愛宕神社千日詣りの日で、この日に参拝すれば千日参拝したのと同じ御利益があると言うのです。そして境内には茅の輪が設置され、お守や鬼灯(ほおずき)を授かる事ができるのです。

愛宕神社は、その気になれば会社から歩いて行ける距離の所にあるんです。そこで私は会社が終わってから、千日参りに行ってきました。

日頃の行いが良くないのか、行きは雨に降られてしまい、到着するまでに結構濡れてしまいました。
こんなお天気ですから屋台も出ていないだろうなぁ・・・なんて思っていたら、鬼灯だけじゃなくてたこ焼きなどを売る屋台まで出てました。
愛宕神社の茅の輪

天候が悪いせいか、人出の方は少ないのだと思います。何しろ初めて行くものですから、例年の人出が分からないんです。私も茅の輪をくぐって、今年の夏を健康に過ごす事が出来ますようにと祈願して参りました。
夜6時過ぎにノンフラッシュで撮影したので、酷い手ぶれ写真になってしまいすみません・・・でも、どんな感じの茅の輪かお分かり頂けるかと思います。ここの神社は何故か茅の輪を直進するだけなんですよ。8の字を描くようにくぐるって聞いたんですけどねぇ・・・
娘と一緒に千代田区立九段中等教育学校の学校説明会に行ってきました。
生憎の天候ですから、そんなに並ばなくても大丈夫だろうと思い、30分前に到着したのですが、既に校門まで列ができてました。受付開始は30分前だと言う事でしたが、もっと前から入場整理券を配布していたようです。

受付を済ませると、娘は体験授業が行われる教室へ、そして私は説明を聞きに体育館へと分かれました。別に公立の中高一貫校に入学させたいと思っている訳ではありませんが、公立の受験日には、私立は入学試験を行わないので、どこも受けないよりは、どこか受けてみる事にしたら良いかなと思っている程度の話です。
通学が便利なように、候補は小石川とここの2校になりそうです。どちらも独創的であり、どちらが良いとも娘に合っていそうかどうかと言う点においても、判断に迷うところではあります。

しかし、適性試験の独創性と言う点では、九段は他の公立校と比べて群を抜くものがあります。
学校の教育方針などを伺っていると、かなり自主的に行動できる子じゃないと、ついて行くのが大変そうですが、そのあたりが大丈夫なら楽しく勉強して、色々な事にチャレンジできそうな学校ではありました。

ところで、娘の受けた体験授業ですが、娘のクラスは数学だったそうで、内容は素数についてだったそうです。素数は既に塾で習ってますから、特に分からない内容ではないのですが、数字の中から倍数を消していって、素数を求めるという作業を行ったそうです。単に素数とは1と自分自身でしか割ることの出来ない数で、例えば2、3、5、7等がそれに当たるなんて言われるより覚えやすいかもね。
風に揺れるアジアンタム

画像は、我が家のベランダで風に揺れるアジアンタムです。
copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .