ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・
娘の事を中心に家族やペット家庭生活についてと私のウォーキング日記です。
実に先週末は慌しい土日でした。

女房が図書館から借りてきた「神様のカルテ2」実は日曜日が返却期限であった。
2週間借りる事ができるのだが、女房は最初の1週間で読み終わり、本は娘に渡っていたのだが、これがなかなか読み終わらない。

土曜は文化祭、日曜は模試、その後塾。娘は本を読む時間など殆ど取れそうにない。
それで、娘が読み終わる前に、私も読み始める事にしたのである。

しかし、私も文化祭を観に行きたいし、旧古河庭園に薔薇も観に行きたい。それに部屋の模様替えもしたいし、あわよくば北側の網戸の1枚でも洗いたいものだと思っていたのである。勿論全てを消化できる訳がない。

散歩にも本を持って行き、旧古河庭園でもベンチで1時間ほど読書していた。しかし、自分の部屋の模様替えにはちょっと時間がかかった。それで網戸の掃除は諦めたのだが、すでに娘が塾から帰ってきた。

後僅かと言うところで、娘に本を返して、私は読了を諦めていた。250ページ辺りまで読み進み、物語はいよいよクライマックスへと言うところで時間切れ。

今日、女房が本を返却してくるんだろうなと思っていた。ところが、私が職場から帰ってきたら、テーブルにまだ「神様のカルテ2」が置いてあるではないか!
女房曰く、今日は月曜日で休館日だから、明日の朝早く返しても一緒なんだと、もう1日我が家に留め置く事にしたんだそうだ。

今日が文化祭の振り替え休日の娘は、実は今日の午後、頑張って読了したそうだ。
読み終わっていないのは私だけだというのだ。

私のために返却できずに居たとは申し訳ない。せっかくなので夕食・お風呂の後、続きを読ませてもらった。
榛名姫の秘策は一体何か?続きが読めて良かったよ。

明日の朝、本を返してから出勤しないとね。

FC2 Blog Ranking [パパ育児]FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ、左のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト
あの震災の日に沢山歩き過ぎた上に、放射性物質の拡散も気になり、ウォーキングの方はさっぱりになってしまいました。春の薔薇を観に行く事もなく10月も終わりを告げようとしています。

いや、今日こそは少しでもウォーキングしないとな、そのために昨日無理して髪を切りに行ったり、夜になってからアイロン掛けもしたんじゃないかと自分に言い聞かせるかのように呟く自分がいました。

娘はまたまた模試を受けるために朝早く出かけ、女房も塾主催の説明会があるとかなんかで出かけてしまっている。
とにかく、年に1度も旧古河庭園の薔薇を観に行かないとなれば、この地に引っ越してきて以来の出来事となるような気がする。年間パスポートだって買ってあると言うのに、4回くらいしか行ってないんじゃないか、これでは入園の度に料金を払っても差して違いがない。

そんな詰まらん屁理屈をこねながら、なんとか朝10時過ぎに家を出て、旧古河庭園へと向かいました。
到着すると、門前に秋のバラフェステイバルが開催中である旨の掲示がでていた。なんと今日がその最終日だったのだ。まぁ、開催期間を過ぎても入園できるし、急に薔薇が散ってしまう訳でもないので、次の週でも大丈夫そうなのだが、来週末の方が都合が付き難い感じなのである。とにかく、今日来れて良かったと素直に微笑んだ。

長らく私のこのブログをご覧になられている方々は、またこのアングルかと飽きてしまっているかと思いますが、私がこう言うアングルが好きなので仕方ないと思って見てあげてください。

旧古河庭園の洋館と薔薇 2011-10-30

旧古河庭園の洋館と薔薇 2011-10-30

明日からまた仕事である事など忘れさせてくれる。

そんなわけで、今日のしっかり歩行は45分、4,957歩でした。どうせなら、しっかり歩行が5,000歩になるまで、ご近所を一回りしてくれば良かったかな?
昨日は娘の通う中学校で文化祭が執り行われました。

展示作品はなんだかなぁって感じなのですが、合唱コンクールと娘が所属する吹奏楽部の演奏を楽しみに、文化祭に行ってきました。

娘が「うちのクラスは優勝候補なんだよ」なんて言うので期待していたのですが・・・・・・
いや、他のクラスの方が上手のように思えるんだけど・・・・・・案の定、娘のクラスは2位にすら入れませんでした。

そして、吹奏楽部の演奏で、娘はトロンボーンをソロで演奏する見せ場があるって言っていたのですが、ほんの数秒間だけのソロ演奏で、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

しかし、ラストの演奏を前に、曲名の紹介を娘が前に出てやるとは聞いていなかったので、驚きました。
後で聞いたら、当日先生に突然頼まれたんだそうです。私に対する先生のちょっとした心遣いだったのかも?ありがとうございます。

そして、演奏の方は嵐のメドレーやKARA、AKB48の曲の演奏では、先生も一緒になってダンスを披露すると言うサプライズもあり、生徒も父兄も盛り上がりました。

仕事で疲れているお父さんを楽しませてくれてありがとう。疲れが吹き飛んだような気がするよ。

FC2 Blog Ranking [パパ育児]FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ、左のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
今日は、娘が幼稚園児だった頃に愛用していた子供用自転車を粗大ゴミとして処分しました。

思えば、幼稚園に入園する前の年の夏に、娘は先天性心臓病の手術をしました。
三輪車を自力でこぐ事ができなかった娘。何処に行くにもベビーカーに乗せられて移動していた娘は、他の子に比べて脚力が弱かったにちがいありません。

そんな娘に買ってあげた子供用自転車。転ばないように補助輪を付けて、公園で乗る練習をしたんだよね。娘は自転車に乗る事ができて嬉しそうだった。それから半年もしないうちに娘は補助輪なしで自転車に乗れるようになった。あの時の娘の笑顔が今も私の脳裏に焼き付いている。幼稚園の年少さんで、補助輪なしで自転車に乗れる子は、そんなに居なかったように記憶している。運動に関しては、他の子に遅れを取っていた娘。幼いながらも優越感を感じていたんじゃなかろうか?

そんな思い出の子供用自転車。感謝の気持ちと共にお別れです。
沢山の思い出をありがとう。娘に努力する事の大切さと達成の喜びを教えてくれてありがとう。

FC2 Blog Ranking [パパ育児]FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ、左のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
震災により大きな被害を受け、未曾有の複数炉同時原発事故を起こした福島第一原子力発電所。
当初は再臨海には達していないと言っていたが、事実は核燃料がメルトダウン。原子炉格納容器を損傷し、営業再開は不可能な状態になった。

もう、廃炉する以外の選択肢がなくなった事は、誰が見ても明らかになった。
しかし、廃炉するにしても、できればチェルノブイリのような石棺状態にすれば、コンクリートが劣化すれば、また石棺を作りなおさなければならなくなり、放射線封じ込め対策に終わりがない事になる。

そこで、原子力委員会は、メルトダウンした核燃料を取り出して、廃炉しようと考えているようだ。しかし、そうなると廃炉にかかる期間は30年。これからメルトダウンを起こした燃料を取り出すための技術を開発するんだとか・・・・・・この当初は想定外だった廃炉方法にかかる費用も当然の事ながら、東京電力の電気料金に織り込まれる。

日本には50基以上もの原子炉がある。1000年に1度しか起こらないくらいの重大事故だとしても、50基あるなら、20年に1度、どこかの炉で1000年に一度の重大事故が発生する事になるんですからねぇ。本当に怖い事です。
うちの娘が学校から体力測定の結果を貰ってきました。それによるとうちの娘の体力はAからEの5段階評価でDと言う事でした。まぁ、先天性心臓病児ですから、3歳くらいまでは激しい運動などした事がなかったし、小学校高学年の頃から塾で勉強ばかりしていて、運動なんてしていないのですから無理もないんですけどね。

それでも、幼稚園入園前に手術をして、小学校低学年の時は、児童教室でダンスを習ったり、学童の一輪車クラブに所属していたりと、それなりに運動できるようになったと思っていたんですけどね。

娘に何か人並みにできた種目はないのかと尋ねてみたら、持久走が平均以上だったと言うんですよ。
そう思えば、小学校の高学年の時に、結構良い成績でゴールした事があったなぁなんて思ったのですが、良く見てみると・・・・・・これって、タイムがあるんじゃない?
そして、平均タイムより30秒以上も遅いじゃないですか。これはねぇ、短い時間で走りきった方が成績が上の種目だよ。

FC2 Blog Ranking [パパ育児]FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ、左のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
今日は体育があると言う事で、うちの娘はちょっと嫌な気分だったようだ。どうやら、ここのところ体育ではマット運動をやっているらしく、単なる後転すら苦手な娘には苦痛以外の何者でもないようなんです。

ところが、今日は着替えて体育の授業が始まると言うところで、急遽中止になったそうだ。
なんでも、その原因は学年集会が開かれる事になったからなんだとか。

なんか事件でも起きたのかと思ったら、壁に穴が開いていることが分かり、一体誰がやったのかと言う話だったんだとか。

しかし、もう中学3年生なのに、まだそんな馬鹿な事をやっているのか?って感じですよね。
とは言え、男子は体力が有り余っちゃっていて、騒いでいたらついつい壁を壊してしまったんでしょうね。
どの壁が石膏ボードで作られているか、騒ぐ前に確認した方が安全だよね。

FC2 Blog Ranking [パパ育児]FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ、左のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
今日は、それ程遅くならずに家に帰って来たつもりだったんですけどね。娘の方が早く帰ってきてました。
本日は、女房の帰りが一番遅いと言う事で、女房はシーフードカレーを作ってから出かけたんです。

学校から帰ってきた娘、塾へと出かける前にシーフードカレーを食べました。
カレーとご飯があれば、他に何も準備しなくても食べることができるのでお手軽ですよね。

会社から帰ってきた私も早速シーフードカレーを食べようと思ったんですけどね。

あれ?炊飯器の中にご飯入ってないぞ・・・・・・
娘に聞いたら、ご飯が明らかに少なかったので、全部食べちゃったと言うのです。
なら、仕方がないと言う事で、さとうの2分でご飯を食べる事にしました。
こんな時のために買ってあったんですよね。

まぁ、そうこうしているうちに女房が帰ってきた訳ですが、女房が言うには、ご飯はちゃんと2人分残っていたはずだと言うのです。

このところの気候は涼しいですからね。うちも娘には食欲の秋が訪れたようですな。

FC2 Blog Ranking [パパ育児]FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ、左のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
昨日の夕方、ミニバラがすっかり立ち枯れてしまったプランターの土を掘り返す事にしました。
そろそろ、ムスカリの球根を植える時期なので、ミニバラが枯れたのなら、そこにムスカリを植えようか、それとも藤をこのプランターで育てるのはどうだろうかとか、考えての事である。

ミニバラが枯れてしまった原因は、きっとコガネムシの幼虫が土の中に沢山居て、根っこを食べられてしまったからだろうと推測していました。もしかしたら、また卵をこのミニバラの鉢に産み付けていて、土をひっくり返したら、沢山の幼虫が出てくるんじゃないかと思い、注意深くミニバラの切り株を堀り起こしていました。

地上部が枯れた事により、根はすっかり腐ってしまったのかも知れませんが、しっかりと根を張っている感じではなく、簡単に掘り起こす事ができました。やはり、幼虫に根を食べられたんだな・・・・・・そう思ったのですが、土の中には幼虫は1匹たりとも居ませんでした。

去年の冬から今年の初夏にかけて根を食べて成長し、夏に羽化したけど、我が家では卵を産んでいかなかったようです。

沢山の幼虫が居る事を想定して、飼育ケースとクヌギマットまで準備していたのに拍子抜けしました。
日付が変わってしまったので昨日の事であるが、娘が一人で模擬試験を受けに行ったが迷子になった。女房の携帯に電話があり、女房が位置情報検索サービスを使って居場所を突き止めて、反対側に曲がってしまった事が判明し、来た道を戻るように伝えてなんとか目的地に到着。

しかし、集合時刻を10分以上過ぎていたために、既に受け付けは閉鎖されており、娘は守衛さんの指示に従って教室を探したそうだ。それでも、試験開始時刻には間に合ったので、無事試験を受ける事ができたが、娘の方向音痴にも参ったものだ。駅から徒歩3分のところに会場はあり、集合時刻の15分前には最寄駅に到着していたのに会場につくまでに25分もかかった事になる。教室にたどり着くまでに約30分を要していた。

普通に考えれば駅の出口を出てから3分歩いても目標物が見当たらなければ間違いに気が付くと思う。なのに娘は10分もそのまま歩き続けてしまったようだ。つまり、所要時間を全く気に留めていないのだ。

そして、曲がり角にある建物や、交差点の名称などの目印を全く気にしていない。どうも、最初の角を曲がるみたいな感じで覚えているようだ。これでは、地下鉄の出口を間違えたり、出口を出てから進む方向を間違えても、その事に気が付かない訳である。

そして、試験後に塾に向かうために、今度は別の地下鉄の駅に向かったのだが、今度は駅のある通りとの交差点を行き過ぎて直進してしまったそうだ。女房が信号機に付いている交差点の名前を教えているにも関わらず、まったく気が付いていない。本人は、交差点に付けられた名前をどうやって確認したらよいかすら知らないのであろう。

おそらく、試験の結果は惨憺たるものだろうなぁ・・・・・・
機会があったら、ちゃんと教えておかなきゃ駄目だなと、親として反省です。

FC2 Blog Ranking [パパ育児]FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ、左のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
copyright © 2017  ChieのパパことKatsueiの親バカなるままに・・・  all rights reserved.
Powered by  FC2ブログ .